アプリ広告

アプリインストール広告とは。GoogleやAppleなど8つの媒体の特徴や配信面、事例をご紹介

私たちは日頃、スマートフォンを利用してさまざまな情報を集めたり、サービスを利用したりしますが、その中でも毎日閲覧するサイトやアプリはいくつくらいでしょうか。私の場合、毎日利用するアプリは Twitter や LINE を含めて5,6個程度です。

このような状況で多くのでユーザーにアプリを継続的に使用してもらうには、まずはアプリに興味を持ってもらい、インストールしてもらう必要があります。

そこで自社アプリのインストール増やしたいマーケターの方に、アプリインストールを促す広告についてご紹介したいと思います。この記事ではアプリインストール広告の概要や配信面、ターゲティングについて媒体ごとに詳しく説明します。

アプリインストール広告とは

アプリインストール広告とは、Google や Yahoo!、アプリストアの検索結果や SNS のタイムラインなどに表示されるアプリインストールを促す広告です。

検索結果やアプリストア内に表示されるアプリインストールを促す広告

アプリインストール広告の仕組みも運用型広告と同じ

運用型広告とは、インターネット広告の中でもリアルタイムで調整分析などの運用ができる広告を指します。代表的なものに検索連動型広告があります。

検索連動型広告とは Google や Yahoo! などの検索エンジンで検索した際に表示されるテキスト広告を指します。特徴としては、テレビ CM や新聞広告と異なり、広告がクリックされた際に広告費が発生するクリック課金型という点です。

▼検索連動型広告を詳しく解説した記事はこちら

【初心者にやさしい図説つき】リスティング広告とは?費用やCPA相場など基本知識を丁寧に解説

リスティング広告とは、広義での使われ方としては、ディスプレイ広告や商品リスト広告(ショッピング広告)も含みますが、本記事では狭義での使われ方である「検索連動型広告」に絞って解説いたします。この記事ではリスティング広告(検索連動型広告)6つの特徴を図説を用いて解説いたします。

配信事例と特徴

実際に弊社内で運用した事例をご紹介します。使用した媒体は Apple Search Ads 、Google アプリキャンペーンの2つです。以下は配信したアプリの前提条件です。

  • ジャンル:ゲームアプリ
  • ターゲット:オンラインゲームをやったことがあるユーザー
  • 目標インストール単価:125円

Apple Search Ads の特徴としては、インストール率が高い点が挙げられます。これは広告の掲載面が影響しています。広告は App Store の検索結果画面に表示されるため、アプリを探しているユーザーに視認されやすく、インストール率も高い傾向があります。

インストール単価が Google アプリキャンペーンより高くなりやすい点は、他のアプリでも同じような傾向が見られます。これは、広告表示のためのオークションで競合と入札額を競り合うためです。

入札額の大きさだけで決まるわけではありませんが、競合の数や規模によってこのインストール単価は大きく左右されます。

Google アプリキャンペーンでは目標に近いインストール単価の結果となっています。他のアプリでは、目標達成の数値で配信できている実績もあります。

これは掲載面の数が多く、競合との競り合いが Apple Search Ads より激化しない傾向があると考えています。その反面、検索ユーザーのみに配信されるわけではないのでインストール率は Apple Search Ads より低い傾向があります。

以下はそれぞれのインストール数、インストール率、インストール単価の配信結果をまとめたものです。

インストール数インストール率インストール単価
Apple Search Ads712件4.24%273円
Google アプリキャンペーン5,513件11.03%154円

これらはアプリストアに直接表示されるため、アプリインストール広告を初めて行う際に推奨している媒体です。前提としてアプリを探しているユーザーに配信することになるので、興味関心のアプリが表示されるとインストールされる確率が高くなります。

アプリ広告の主要媒体は8種類

アプリインストール広告を配信できる媒体は8種類あります。それぞれの配信面やターゲティングについて紹介します。

1.Apple Search Ads

Apple Search Ads 表示例

Apple 社が運営するアプリストア App Store へ配信可能な媒体です。ストア内での検索結果画面最上部に表示される広告のため、広告枠としては1枠のみとなります。配信される仕組みは、検索連動型広告と同じです。

アプリに関連するキーワードを設定し、ユーザーのストア検索に連動して広告表示されます。また、広告はアイコンやアプリ名などの App Store の製品ページに設定しているメタデータ(アプリの登録情報)に基づいて自動生成されます。

注意点としては、設定しているキーワードを検索しても必ず表示されるものではないということが挙げられます。運用型広告が配信される仕組みはオークション形式なので、同じジャンルやカテゴリ名を設定している競合との競り合いに勝つことで広告表示されます。

Apple Search Ads の特徴の1つとして、キーワード設定しない配信方法があります。上記で説明したように基本的にキーワード設定を行うが、検索マッチという機能を使うとアプリと合致するキーワードの検索または、類似キーワードの検索がされた際に広告表示されます。

ターゲティング

  • 顧客タイプ(すべてのユーザー、新規ユーザー、以前アプリダウンロードしたユーザー、その他自社アプリのユーザー)
  • 年齢
  • 性別
  • 地域
  • 曜日・時間帯

この記事で紹介する媒体の内、Apple Search Ads のみ OS は iOS 対象となります。その他の媒体については広告作成時のターゲティング設定で対象 OS を選択することが可能です。

▼Apple Search Ads を詳しく解説した記事はこちら

App storeの検索広告「Apple Search Ads」とは?運用実績から見えたやるべき4つの理由とはじめ方マニュアル

App Storeに出すことができるアプリダウンロードを促す検索広告「Apple Search Ads」。成果の出た事例からステップにわけて配信までの流れを紹介します。また、もしも広告が配信されていない場合に確認すべき8つのことまでまとめているので、初心者の方必見の内容になっています。

2.Googleアプリキャンペーン

Google の関連サイト全体に掲載されます。Google 検索やパートナーサイト、Google Play などが含まれます。その他の掲載先については公式ヘルプをご確認ください。

Google アプリキャンペーンでは、細かい広告の作成やキーワードを設定する必要がありません。広告については、指定した広告文とアセットと呼ばれるアプリストアの掲載情報から取得される内容が自動的に組み合わされて作成されます。

掲載情報とは、アプリ名やアイコン、ストアでの評価などです。掲載面ごとに広告の候補となる項目が異なります。詳しくは以下のページをご覧ください。

モバイルアプリ インストール広告について – Google 広告 ヘルプ

モバイルアプリ インストール広告は、Google Play または Apple App Store のアプリのページにユーザーを誘導する広告で、Google 検索ネットワーク、Google デ

また、重視する操作(アプリ内コンバージョンなど)を行う可能性の高いユーザーに広告を重点的に表示する自動ターゲティングが可能な為、キーワード設定も必要ありません。何を重視してターゲティングするかは下記3つから選択できます。

  1. インストール
  2. アプリ内ユーザー行動
  3. アプリ内行動の価値

ターゲティング

  • 地域
  • 言語

3.Yahoo!検索広告アプリキャンペーン

Yahoo!検索広告アプリキャンペーン表示例

Yahoo!検索広告アプリキャンペーンは、Yahoo! 検索及び、パートナイサイトに広告表示でき、クリックするとアプリの各 OS のストアページに遷移します。

Google 同様にキーワード設定が必要なく、検索キーワードと関連性が高いアプリ広告がある場合に表示されます。広告については、見出し、説明文、リンク先が必須項目となっています。また、広告の成果指標として測定するものを下記3つから選択できます。

  1. アプリのダウンロード
  2. アプリの初回起動
  3. アプリ内のユーザー行動

ターゲティング

  • 地域
  • 曜日・時間帯
  • デバイス

4.Yahoo!ディスプレイ広告アプリプロモーション広告

画像引用元:アプリのプロモーションを目的とした広告を作成する|Yahoo!広告ヘルプ

ユーザーが広告掲載面のあるウェブサイトを訪れた際に広告表示でき、ターゲティングは掲載面とユーザーの特性それぞれで条件付けをすることができます。設定可能なターゲティングは添付するリンク先で一覧をご確認ください。広告の掲載フォーマットは以下の4つがあります。

  1. テキスト
  2. ディスプレイ
  3. テンプレート
  4. 動画

参考:掲載フォーマットについて|Yahoo!広告ヘルプ

ターゲティング

  • 性別
  • 年齢
  • サイト
  • サーチキーワード
  • インタレストカテゴリー
  • サイトカテゴリー
  • プレイスメント
  • 地域
  • 曜日・時間帯
  • デバイス

参考:ターゲティングについて|Yahoo!広告ヘルプ

5.Facebook モバイルアプリ広告

画像引用元:モバイルアプリ広告の表示場所|Facebook 広告ヘルプ

Facebook のニュースフィード、Audience Network に属するパートナーのモバイルアプリ、Messenger に表示される媒体です。詳細については公式ヘルプをご確認ください。

Audience Network とは、Facebook 社と提携しているスマホアプリやサイトを指します。ヘルプに記載はありませんが、Instagram(フィード、発見、ストーリーズ)にも配信されます。Facebook モバイルアプリ広告には下記の2種類があります。

  1. モバイルアプリインストール広告
  2. モバイルアプリエンゲージメント広告

モバイルアプリインストール広告の目的は、利用者を App Store や Google Play にリダイレクトすることで、アプリをインストールする人の数を増やすことです。

もう一つのモバイルアプリエンゲージメント広告の目的は、既存の顧客にアプリを再度利用してもらうか(アプリ内の特定の場所にリダイレクトするなど)、アプリ内で特定のアクションを実行してもらい(購入など)、既存の顧客からのエンゲージメントを増やすことです。

また、動画クリエイティブを使用した配信メニューは動画リワードとプレイアブル広告の2種類です。

動画クリエイティブ広告メニュー詳細
動画リワード・アプリ内のリワード(通貨やアイテムなど)と引き換えにフルスクリーン動画を視聴することを選ぶユーザー向けに表示する広告
・Audience Network 全体のアプリで表示
プレイアブル広告・ニュースフィードまたはストーリーズでアプリやゲームのオープニング動画を紹介し、利用者にデモプレイを促す
・インストール前に広告からプレビューの機会を提供可能

ターゲティング

  • 地域
  • 年齢
  • 性別
  • 言語
  • 詳細ターゲット設定(利用者データ、趣味関心、行動)
  • つながり(ページ、アプリ、イベントへのつながり)
  • カスタムオーディエンス(既に認知しているユーザーで構成されたオーディエンス)

カスタムオーディエンスは、たとえば会員登録済みユーザーや課金ユーザーなど、アプリイベントを基にオーディエンスを作成できます。また、カスタムオーディエンスに最も類似する Facebook 利用者をターゲットとする類似ターゲティングも可能です。

▼Facebook カスタムオーディエンスの詳細はこちら

6.Twitter 広告アプリインストール数キャンペーン

画像引用元:アプリのインストール数キャンペーン|Twitter ビジネス

Twitter のホームタイムライン、プロフィールとツイートの詳細ページ、検索結果、 Twitter オーディエンスプラットフォームなどの複数の場所に表示される広告です。表示される際は「プロモーション」というラベルが付けられます。

アプリカードと呼ばれる広告フォーマットに沿ってアプリ情報を登録することで配信できるようになります。このアプリカードがツイート形式で画像、動画、アプリ評価を表示できる広告フォーマットです。

Twitter の広告形式「アプリカード」

ユーザーはこのアプリカードをクリックするとアプリストアへ直接アクセスできる仕組みとなっています。

ターゲティング

ターゲットは以下から選択することができます。一番の特徴はハンドル( Twitter URL 末尾に表示されるユーザー名)でターゲティングできる点です。

ハンドルターゲティングは別名フォロワーターゲティングとも呼ばれ、指定した任意で設定したユーザーをフォローしているもしくは、そのフォロワーと似ているユーザーに向けて広告を配信できるメニューです。

  • 地域
  • 言語
  • 年齢
  • 性別
  • キーワード
  • ハンドル( Twitter URL 末尾に表示されるユーザー名)
  • 興味関心
  • 行動
  • Wi-Fi 環境
▼Twitter フォロワーターゲティングの詳細と事例はこちら

Twitter広告のフォロワーターゲティングとは?成功事例と活用方法まとめ

Twitter広告以外ではない独自の広告メニュー「フォロワーターゲティング(ハンドルターゲティング)」の成功事例と活用方法を紹介します。フォロワーターゲティングとは、任意で設定したユーザーをフォローしているもしくは、そのフォロワーと似ているユーザーに向けて広告を配信できるメニューです。広告運用をする過程でわかったことも含めお伝えします。

7.LINE 広告アプリインストールキャンペーン

LINE Business Guide 2020年7月-12月期(Summary)

トーク画面の最上部に表示される Smart Channel や LINE NEWS 、タイムラインへ広告を配信することができます。その他、LINE マンガや LINE チラシなども配信可能です。配信の目的は以下の2つから選ぶことができます。

  1. アプリのインストール:アプリのインストール数を増やす
  2. アプリのエンゲージメント:アプリ利用者のアプリの起動回数を増やす

ターゲティング

ターゲティングは、大きく2種類わけれます。1つがオーディエンス、もう1つがデモグラフィックによるターゲティングです。以下はその中でもより詳細に分類したものです。

  • オーディエンス
    • ウェブトラフィックオーディエンス
    • モバイルアプリオーディエンス
    • IDFA / AAID アップロード
    • 電話番号アップロード
    • メールアドレスアップロード
    • LINE 公式アカウントの友だちオーディエンス
    • 動画視聴オーディエンス
    • 類似オーディエンス
  • デモグラフィックターゲティング
    • 性別
    • 年齢
    • 地域
    • 興味関心
    • 行動
    • 属性

配信面やオーディエンス、ターゲティングを含む LINE 広告については以下の記事で詳しく説明しているので、あわせてご確認ください。

8.SmartNews Ads

スマホアプリ「SmartNews」内のコンテンツや記事にならんで配信されます。いくつかの広告メニューがありますが、運用型は Standard Ads と Standard Video Ads の2つです。その他は広告枠を購入する必要がある高価な配信メニューとなっています。

Standard Ads は静止画タイプ、Standard Video Ads は動画タイプの広告メニューです。入稿する際に静止画、動画以外に必要となる素材はどちらも共通して以下の5つです。

  1. テキスト(パターン1)
  2. テキスト(パターン2)
  3. 広告主体者名
  4. アイコン
  5. URL

ターゲティング

  • 性別
  • 年齢
  • 時間帯
  • キャリア
  • オーディエンス
  • ジャンル
  • 興味関心
  • 地域

Google アプリキャンペーン、Apple Search Ads でアプリインストール広告を配信しよう

より多くのユーザーにアプリを利用してもらう為には、まずアプリを見つけてもらい、インストールしてもらう必要があります。更にはユーザーの満足度を高めるようなアップデートやユーザーの声を反映していくことも重要です。

アプリインストール広告は、検索/ディスプレイ広告より比較的設定する部分が少ない広告メニューです。アプリプロモーションのはじめの一歩として、この記事参考にアプリ広告を始めてみてはいかがでしょうか。

▼Apple Search Ads でアプリ広告を始めてみたいからはコチラ

App storeの検索広告「Apple Search Ads」とは?運用実績から見えたやるべき4つの理由とはじめ方マニュアル

App Storeに出すことができるアプリダウンロードを促す検索広告「Apple Search Ads」。成果の出た事例からステップにわけて配信までの流れを紹介します。また、もしも広告が配信されていない場合に確認すべき8つのことまでまとめているので、初心者の方必見の内容になっています。

アプリインストール広告とアプリ内広告の違いに注意

アプリ広告と言っても、記事内で説明したアプリインストール広告の他に、アプリ起動中に、バナーやアイコン形式で画面内に表示されるアプリ内広告もあります。

自分が広告運用者や営業担当の場合、お客様がどちらの意味で「アプリ広告」を使っているのかは始めに確認しておいたほうがいいかもしれません。

メールアドレスをご登録いただきますと、ブログの更新情報などをお届けいたします。

メールアドレスをご登録いただきますと、ブログの更新情報などをお届けいたします。
「わかりにくいこと」を「わかりやすく」をモットーに、すべての記事を実際に広告運用に関わるメンバー自身が執筆しています。ぜひ無料のメールマガジンに登録して更新情報を見逃さないようにしてください!

メールマガジンの登録はこちら

この記事を書いた人

秋元 航平

秋元 航平

広告運用 コンサルタント

2019年4月に新卒で入社後、研修を経て運用チームに配属。配属後はtoB、toC等の案件を担当。常にクライアントニーズを察知するアンテナを張り、広告パフォーマンスで応えるよう尽力する運用者。趣味はお笑いと観賞(研究?)と謎解き。特に好きな芸人は東京03とバナナマン。

こんな記事も読まれています

pagetop