Twitter広告のフォロワーターゲティングとは?成功事例と活用方法まとめ

数ある Twitter 広告の中でも、設定したユーザーのフォロワーに似ているアカウントへ広告を配信することができる「フォロワーターゲティング」の事例とそれをおこなった際のユーザー設定方法や効果測定の方法をまとめました。

フォロワーターゲティングは、ハンドルターゲティングとも呼ばれていて、Twitter のハンドル名がその由来になっています。

Twitter の公式ヘルプページでは簡単なアドバイス程度になっているので、事例をもとに広告を出す際にやるべきことを解説させていただきます。まずはフォロワーターゲティングとはなにかをみていきましょう。

Twitter 広告「フォロワーターゲティング」とは

Twitter 広告の一つフォロワーターゲティングとは、任意で設定したユーザーをフォローしているもしくは、そのフォロワーと似ているユーザーに向けて広告を配信できるメニューです。Twitter 広告以外ではない独自の広告メニューになります。

広告を配信したい層がフォローしているユーザーを設定するだけで、ターゲティングできるので、自社にターゲットに関するデータを多く持っていない場合でも活用することができる特徴をもっています。

あなたが選んだユーザー名のフォロワーに似ている利用者にTwitter広告キャンペーンを表示します。
引用元:Twitter公式|Twitter上でのフォロワーターゲティング

フォロワーターゲティングは、任意のユーザーを複数登録し、類似のユーザーへ広告を表示することになるので設定するユーザー(アカウント)の精査が成果の良し悪しを決める重要なポイントになってきます。設定するユーザーのフォロワー層がぶれている場合、効果的な広告運用にならないので注意が必要です。

フォロワーターゲティングで配信した結果

ここからは、フォロワーターゲティングをおこなった際の事例を紹介させていただきます。前提条件として商品やサービス、ターゲットは以下のようになっています。

商品・サービス 採用関連サービス
ターゲット 大企業の人事担当、中小企業の経営者層

他のターゲティング手法(キーワードターゲティング、リマーケティング、興味関心)との比較データもあわせてご覧ください。

他の Twitter 広告との比較結果

ターゲティング種類 コスト コンバージョン コンバージョン率 CPA
キーワードターゲティング 32,984円 0件 0%
フォロワーターゲティング 1,533,278円 57件 1.05% 26,900円
リマーケティング 35,738円 0件 0%
興味関心ターゲティング 35,000円 0件 0%

本コンバージョン前の、マイクロコンバージョンの成果良かったフォロワーターゲティングに予算をかけて広告配信をおこないましたが、マイクロコンバージョン同様、一番コンバージョンを発生させたのはフォロワーターゲティングによる広告配信でした。

広告クリエイティブに関しては、ほぼ一緒なのでその差ではないと考えられます。

フォロワーターゲティングで設定したユーザーの一部

アカウント名 フォロワー数(当時) アカウント説明
@ariyasu 33,725 有安 伸宏さん
起業家・エンジェル投資家
@SOYAMA 14,444 曽山 哲人さん
株式会社サイバーエージェント取締役
@asanokoji 13,932 麻野 耕司さん
株式会社リンクアンドモチベーション取締役
@smrjpr 3,181 中小企業基盤整備機構 公式アカウント
@satopooh 1,407 古橋 智史さん
スマートキャンプ株式会社代表取締役

採用関連のサービスであったので、HR 系で有名な株式会社サイバーエージェントの曽山さんを起点にユーザー設定するアカウントを探しました。

曽山さん以外にもエンジェル投資をおこなっている有安さんや中小企業向けの情報発信している「中小企業基盤整備機構」の公式アカウントも設定しました。

上記のような選定で、いくつかのユーザーを設定しましたが、結果としてパフォーマンスが良いアカウントもあればそうでないものもあったので、配信後に徐々に厳選していきました。

結果は後述しますが、大企業の人事担当や中小企業の経営者というターゲットは、大きく外れていない設定だったのではないかと考えています。

初期ユーザー設定でおさえるべき3つのこと

1.設定するユーザーのフォロワー数は100,000人以下にする

フォロワー数は多ければ多いほど、フォロワーターゲティングでの表示回数が増えます。ただし、その分広告のパフォーマンスは、そのユーザーに左右されることになります。

したがって、1アカウントで多くのフォロワーをもつユーザーを設定したい場合は、パフォーマンスが良いユーザーとは広告グループなどを分けてテストすることをお勧めいたします。

2.設定するユーザーは1,000人から30,000人のフォロワーを持つアカウントにする

フォロワーターゲティング自体に上限や下限はないため正解はないですが、コンバージョンが生まれてかつフォロワーの質が高いのは、およそ1,000人から30,000人でした。

僕は、ひたすらこのボリュームのユーザーを探して追加を繰り返していきました。ある程度すると、その広告グループのフォロワーの総数が増えていくためリーチが増え、予算を増やしても CPA があまり上がらずにコンバージョン数をきちんと増やせる傾向にあります。

3.設定するユーザーのフォロワー総数は最低100,000人以上にする

フォロワー総数とは、設定したユーザーのフォロワーの数を合計した数値です。

先述のように、フォロワーの総数が多いほどが配信量が増えて、パフォーマンスも安定します。逆にここが少ないと、毎月安定したコンバージョン数が発生しなかったり、配信の拡大が見込めません。

まずはフォロワー総数100,000人を目標にユーザーを探してみてください。フォロワー総数について注意すべき点ですが、Twitter 広告の管理画面で確認できる下記の「オーディエンスの概要」にあるオーディエンスの推定総数とフォロワー総数は異なるので注意が必要です。

上記3つのことは最低限抑えておきたいポイントです。配信後には、効果測定と設定するユーザーの調整をおこない更にパフォーマンスを伸ばしていきましょう。次は効果測定の方法についてです。

効果測定方法

ユーザー毎にコンバージョン数を比較

Twitter広告の管理画面から見れます。見たいキャンペーンをクリックし、「オーディエンス」タブへ移動、画面左の「ユーザー名」をクリック。キャンペーンを指定しないと、ユーザー名別に見ることができません。

コンバージョン総数は、計測が重複しているので注意

ユーザー別データでは重複があります。A のフォロワーでもあり、B のフォロワーでもあるケースがこれに該当します。

したがって、その広告グループ全体で発生しているコンバージョン数は1件なのに、ユーザー別にみると、ユーザー A でもユーザー B でもコンバージョンが1件ずつ発生しているような見え方になり、コンバージョン数を単純に足すと2件に発生しているようにみえてしまいます。

運用開始後にすべきアクション

パフォーマンスが良いユーザーを残し、追加ユーザーを見つける

パフォーマンスの悪いものを設定から外して、パフォーマンスの良いものだけ残していきましょう。

同時に、パフォーマンスも良いものだけに絞って広告配信を行なうとコンバージョン数が減ってしまうので、ある程度のユーザー総数保てるように新たに追加していく必要があります。

ある程度の期間、フォロワーターゲティングで配信するとパフォーマンスの良いユーザーがわかってきます。パフォーマンスの良いユーザーを以下の方法で分析すると傾向がみえ、追加のユーザーのヒントになったり、他の広告メニューに応用できる情報がみえてきます。

  • プロフィール分析:肩書、所属、企業名や趣味・関心における傾向を確認する
  • フォロワー分析:目立ったフォロワーがいれば、そのフォロワーのプロフィール詳細を見る
  • ツイート分析:どういったツイートをしているのか傾向を分析する。キーワードターゲティングに繋がる可能性もある
  • 「おすすめユーザー」の分析:類似ユーザーが表示されるので、傾向分析の参考にする

また上記の分析以外にも、配信した Twitter 広告に「いいね」したユーザーをそのまま追加する方法もあります。一概には正しいとは言えませんが、「いいね」は商材自体にポジティブな印象を持っているという意思表示であることが多いため追加し、効果をみるのもいいでしょう。

Twitter 広告のフォロワーターゲティングで狙った層に広告を狙い撃ち

画像引用元:総務省情報通信政策研究所|平成30年度 情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書

2019年に総務省情報通信政策研究所が発表した「平成30年度 情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書」によると、全年代における Twitter の利用率は、2013年時点で15.7%だったものが、2019年には37.3%まで成長しています。

近年、若い世代を中心に人気の Instagram でも2019年の利用率は35.5%となっているので、Twitter 需要はまだ衰えていないと言えるでしょう。

フォロワーターゲティングを用いた広告運用は、指定アカウントの精査を十分におこなえば成果に繋がりやすくなってきます。今回紹介した事例をもとに運用のご検討をしてみてはいかがでしょうか。

メールアドレスをご登録いただきますと、ブログの更新情報などをお届けいたします。

メールアドレスをご登録いただきますと、ブログの更新情報などをお届けいたします。
「わかりにくいこと」を「わかりやすく」をモットーに、すべての記事を実際に広告運用に関わるメンバー自身が執筆しています。ぜひ無料のメールマガジンに登録して更新情報を見逃さないようにしてください!

メールマガジンの登録はこちら

この記事を書いた人

セバタヒカル

セバタヒカル

広告運用 コンサルタント

こんな記事も読まれています

pagetop