画像を使ったTwitter広告の入稿規定と作成すべき推奨サイズを紹介

2021年4月におこなわれたリブランディングにより Twitter 広告プロダクトの名称が変更されました。機能もどんどん改善されている Twitter 広告には、画像を用いる広告が3つあります。

Twitter はテキストメインの SNS になっているので、画像や動画を用いた投稿や広告は特に目につきます。

そこで今回の記事では、画像を使った Twitter 広告の種類や特徴、広告を作成するときに最適な画像サイズを紹介します。また、どのサイズを作ったら良いか悩んだ場合には「正方形」の画像を作成するのをおすすめします。その理由も具体例を用いて解説するので、Twitter の画像を使った広告を配信する際に参考にしてみてください。

画像を設定する Twitter 広告は3種類

画像を使った Twitter 広告は「プロモ広告」と「Twitter テイクオーバー」、「フォロワー獲得」の3種類があります。広告の種類によって表示のされ方が違うので、まずは広告の種類ごとの特徴と表示のされ方などを簡単に紹介します。

プロモ広告

プロモ広告とは、タイムラインや Twitter 内の検索結果ページ上部、アカウントのプロフィールなどに表示される Twitter 広告で、通常のツイートと同じ形式で表示されます。

通常の広告と同様にプロモ広告もリツイートができ、リツイートで表示された分のツイートは費用が発生しません。

プロモ広告(旧:プロモツイート)

プロモ広告は、コンバージョンの獲得やウェブサイトへの誘導、いいね・リツイートなどのエンゲージメントを増やすために使います。名称変更される前は「プロモツイート」と呼ばれていました。

▼プロモ広告の概要や設定方法はこちら

Twitter テイクオーバー

Twitter テイクオーバーには、タイムラインテイクオーバーとトレンドテイクオーバー、トレンドテイクオーバープラスの3種類あります。

タイムラインテイクオーバーでは、広告がタイムラインの一番上に表示され、ユーザーが1日の最初に見る広告に指定することができます。

トレンドテイクオーバーとトレンドテイクオーバープラスでは、トレンドタブに広告を表示させることができます。さらにトレンドテイクオーバープラスでは動画をクリエイティブとして設定できます。

トレンドテイクオーバープラスとトレンドテイクオーバー

プロモ広告に比べて、膨大なリーチが必要になってくる大きなキャンペーンの宣伝などで使用されます。以前は「プロモトレンド」と呼ばれていました。

フォロワー獲得

フォロワー獲得では、広告はタイムラインやアカウントの下部などに表示される Twitter 広告で、フォロワーを増やす目的でのみ用います。旧名称は「プロモアカウント」でした。

フォロワー獲得(旧:プロモアカウント)

そのほか、Twitter 広告の費用やターゲティング方法は以下の記事で解説しているので、気になる方はチェックしてみてください。

【画像で解説】Twitter広告とは?費用やターゲティング方法と活用事例を徹底解説

Twitter広告とは、Twitter のタイムラインや検索結果に出すことができる広告です。広告メニューはプロモツイート、プロモアカウント、プロモトレンドの3種類がありそれぞれユーザーへの見え方や表示される場所が異なります。この記事ではTwitter広告の基礎中の基礎を公式ヘルプや実際の広告管理画面のキャプチャをもとに解説していきます。

広告カテゴリーによって推奨サイズが異なる

先ほど紹介したプロモ広告・Twitter テイクオーバー・フォロワー獲得では、最適な画像サイズが異なります。横長か正方形となっていますが、ピクセル数に違いがあるので注意が必要です。

プロモ広告では横長なら種類問わず使用可能

以下の通り、正方形で配信できるものもありますが、カンバセーションボタン付きや投票付きの場合は横長しか設定できません。そのため、プロモ広告では基本的に横1.91x縦1となる横長画像を設定するのが良いでしょう。

広告カテゴリー縦横比
通常(リンク先ページあり)・横長 1.91:1(800×418ピクセル)、または正方形 1:1(800×800ピクセル)
カルーセル・横長 1.91:1(800×418ピクセル)、または正方形 1:1(800×800ピクセル)
・画像は最大6枚まで縦横比は統一
カンバセーションボタン付き・横長 1.91:1(800×418ピクセル)のみ
投票付き・横長 1.91:1(800×418ピクセル)
・正方形 1:1の画像は自動的にトリミング
リンク先ページなし・デスクトップでは、横長 2:1(1200×600ピクセル)から正方形 1:1(1200×1200ピクセル)の間であれば表示可能
・ただし、横長 16:9 を超える正方形や縦長の場合には、16:9になるようにトリミング
・モバイルでは、横長16:9(1200×675ピクセル)

画像サイズは最大3 MB で、ファイル形式は JPEG か PNG が推奨されています。GIF や BMP、 TIFF は使えないので注意が必要です。

投票付きでは、正方形の画像がトリミング、リンク先ページなしでは、縦横比の合っていない画像がトリミング、他の種類ではトリミング無しでそのまま表示されます。       

Twitter テイクオーバー(旧:プロモトレンド)は正方形か横長

1日の最初の広告としてタイムラインの1番上に表示される「タイムラインテイクオーバー」では、横長 1.91:1(800×418ピクセル)、または正方形 1:1(800×800ピクセル)が推奨サイズです。

タイムラインテイクオーバー

また、話題を検索タブの最上位に表示できる「トレンドテイクオーバープラス」は横長の1200×675ピクセルの画像が必要です。GIF 画像の設定も可能で、6秒でループ再生されるようにする必要があります。

フォロワー獲得広告(旧:プロモアカウント)はプロフィール画像が転用される

作成できるのはツイート本文のみであり、画像の別途設定はできません。プロフィールに設定しているアイコンとヘッダー画像をもとに自動的に作成されます。

プロフィール画像の推奨サイズは正方形 400×400ピクセルで、ヘッダー画像は横長1500×500ピクセルとなっています。

迷ったら正方形からはじめよう

プロモ広告などでは横長でも正方形でも OK となっていて迷いますが、僕がおすすめする画像サイズは横長ではなく正方形です。

以下のキャプチャでも分かる通り、画像が占める面積は正方形のほうが大きくなります。正方形は「垂直水平錯視」という視覚効果で縦長に見えるため、ユーザー目線では実際よりも大きく見えています。

左:正方形画像   右:横長画像

プロモ広告では、文字だらけのタイムラインの中で画像は目立つので少しでも大きく表示させることで、クリック率の良化が期待できます。また、画像内テキストも大きくなって読みやすいので、メッセージをきちんと届けることができます。

Twitter で画像広告を出してみよう

2020年ごろから運用型広告でも動画広告が流行ってきていますが、Twitter 含め各広告媒体では未だに画像広告が主流となっていて、成果も充分に出ています。

僕は広告運用を始めてから6年経ち、新卒1年目などの部下を持つようになりました。そんな自分も新卒1年目のときは「検索広告を学ぶことに必死で、Twitter 広告にまで手が及んでいなかった」と思い出しました。

今回の記事は、多くを学ぶ余裕がない新人でもわかるように丁寧に解説したので、もしそんな部下を持つ方がいたら、是非この記事をシェアしてあげてもらいたいなと思います。

メールアドレスをご登録いただきますと、ブログの更新情報などをお届けいたします。

メールアドレスをご登録いただきますと、ブログの更新情報などをお届けいたします。
「わかりにくいこと」を「わかりやすく」をモットーに、すべての記事を実際に広告運用に関わるメンバー自身が執筆しています。ぜひ無料のメールマガジンに登録して更新情報を見逃さないようにしてください!

メールマガジンの登録はこちら

この記事を書いた人

瀬畑 輝

瀬畑 輝

広告事業部 マネージャー

2016年4月に新卒入社。入社10カ月で代表滝井直属の広告運用チームに異動。 入札調整や広告文作成から、サイト改善提案まで代表から直接指導を受ける。 toB/toC比率は半々で、アプリ広告も担当。特に好きな媒体はFacebook広告。 海外旅行が好きで、アメリカ横断経験あり。趣味は服映画ヨガアート猫もろもろ。

こんな記事も読まれています

pagetop