LINE 広告

獲得から認知へのフェーズで活用したいLINE広告。ターゲティングから配信面、入稿規定まで丁寧に解説

普段から LINE は私達の日常で多く利用されています。この LINE アプリに広告が配信できるというのは広告運用者の方であればご存知かと思います。

しかし、LINE で広告が配信できることは知っていても、どんな特徴があるのか、どうやって始めたらよいかわからないという方も多いのではないでしょうか。

この記事では LINE 広告の基本情報からLINE 広告の始め方、最新アップデート情報まで紹介いたします。

LINE  広告配信事例 

広告運用において、すでに Google 広告や Yahoo!広告を配信していて、打てる施策がなくなってきたり、ユーザー層の幅を広げたかったりと頭を抱える運用者の方もいるのではないでしょうか?

そんな中で次の一手となるのが今回紹介する LINE 広告です。実際に弊社で運用している LINE 広告では、  Google 広告や Yahoo!広告よりも良い成果で配信ができ、効果的だったものもいくつかあります。

セミナー集客で CPA が Yahoo!広告の約半分に

LINE 広告と Yahoo!広告のディスプレイ広告において同じ施策で配信したところ、LINE 広告では Yahoo!広告よりも低いクリック単価で配信ができました。その結果、LINE 広告では、Yahoo!広告の約半分のCPAでコンバージョンを獲得できました。

アパレル商品販売の広告でクリック率が6倍以上に

また、Google 広告で実施していたリマーケティング施策を、 LINE 広告でも同様に実施したところ、 6倍以上のクリック率で配信ができたケースもあります。

どちらの事例でも LINE 広告は、多くの人が日常的に使用するアプリであり、ユーザーの目にとまりやすい広告枠も多いので、他媒体と比較して反応率が良かったのではないかと考えられます。

LINE 広告とは

そもそも LINE 広告とはコミュニケーションアプリ「LINE」が提供する運用型広告プラットフォームで、アプリ内のトークリストやタイムライン、LINE NEWS などに広告を配信することができます。

以前は「LINE Ads Platform(通称 LAP)」という名称でしたが、2020年1月15日に「LINE 広告」という名称に変更されました。

少額からでも広告を出稿でき、配信を始めるハードルが低いのが特徴です。弊社ではひと月5万円の費用で広告配信をしているアカウントもあり、 B to C 向けの広告では約15万のインプレッション数で配信できています。

アカウント構造は、キャンペーン・広告グループ・広告の3階層になっており、以下のようにそれぞれ設定ができます。

アカウント構造 内包される項目
キャンペーン キャンペーンの目的
掲載期間
キャンペーンの上限予算(月単位/全期間)
広告グループ ターゲティング
配信先
自動最適化オン/オフ
入札価格
課金方式
1日の予算
広告 広告フォーマット
テキスト
遷移先情報(ランディングページ、URL など)
CTA(Call To Action)

課金方法

課金方法は、クリック課金とインプレッション課金の2種類があります。また、入札方式は手動入札と自動入札を選択することができます。

クリック課金

広告をクリックし、リンク先のページに遷移すると料金が発生します。手動入札の場合に設定できる入札単価の最低金額は、CPC(1クリックあたりの料金)24円から設定ができます。

ただし、配信面を「LINE 広告ネットワーク」のみに設定する場合は1円から設定可能です(「LINE 広告ネットワーク」については後述)。

インプレッション課金

広告の表示回数ごとに料金が発生します。手動入札の場合に設定できる入札単価の最低金額は、CPM(表示回数1,000回あたりの料金)400円から設定ができます。

ただし、配信面を「LINE 広告ネットワーク」のみに設定する場合は1円から設定可能です。

予算管理

広告の予算は「キャンペーン」と「広告グループ」の階層でそれぞれの設定が必要です。

キャンペーンでの予算設定

キャンペーンの予算設定は以下の3つから設定方法を選択できます。予算上限を設定した場合、広告費が設定した予算に到達すると配信が停止されます。

  • 月の予算
  • (指定した)全期間の予算
  • 予算上限なし

いつのまにか上限に達していて、自動的に広告が止まっていたということもあるので注意が必要です。

広告グループの予算設定

広告グループの1日の予算上限を設定することができます。ただし、実際の広告費が設定した予算上限を超える場合があります。キャンペーンで設定した予算上限を超えることはありません。

キャンペーンでは最大で使用したい予算を設定し、広告グループでは一日あたりに使いたい予算を設定しましょう。

キャンペーンの目的

キャンペーンごとに広告を配信する目的を設定します。目的ごとに広告の種類や利用できる機能が異なります。設定できる目的とその内容は以下のとおりです。

キャンペーンの目的詳細
ウェブサイトへのアクセスウェブサイトへのアクセスを増加させる
ウェブサイトコンバージョンウェブサイトのコンバージョンを増加させる
アプリのインストールアプリのインストール数を増加させる
アプリのエンゲージメントアプリ利用者のアプリの起動回数を増加させる
動画の再生動画の再生数を増加させる(2020年6月から登場)
友だち追加公式アカウントの友だちを増加させる

ターゲティング

利用できるターゲティングは以下のとおりです。それぞれのターゲティングの詳細もご紹介します。

  • LINE デモグラフィックデータ配信
  • オーディエンス配信
  • LINE Dynamic Ads
  • 類似配信
  • リエンゲージメント配信

LINE デモグラフィックデータ配信

年齢・地域・興味関心など複数のセグメントを掛け合わせてターゲティングすることができます。複数の属性を掛け合わせてターゲティング設定することで、よりコンバージョンの見込みがあるユーザーをねらって配信できます。

設定に特別な準備などは不要で、広告グループ作成の段階で設定をすることができます。

画像引用元:LINE Business Guide|LINE 媒体資料

オーディエンス配信

ユーザー情報を使用してオーディエンスを作成することができます。すでに自社で保有している情報をもとにオーディエンスソースを作成できるので、他のターゲティングよりも、ねらったユーザーにしっかりと広告が配信できます。

コンバージョン獲得が期待できるオーディエンスなので、予算が少ない中で効率的に配信したいときに活用しましょう。

オーディエンスの種類詳細
ウェブトラフィックオーディエンスサイト訪問ユーザーのオーディエンスを作成
モバイルアプリオーディエンスアプリ内で発生したイベントをもとにオーディエンスを作成
IDFA/AAID アップロード保有している IDFA/AAID (広告識別子)データをもとにオーディエンスを作成
電話番号アップロード保有している電話番号をもとにオーディエンスを作成
メールアドレスアップロード保有しているメールアドレスをもとにオーディエンスを作成
LINE 公式アカウントの友だちオーディエンス「友だち登録しているユーザー」と「ブロック中の友だち」のオーディエンスを作成

LINE Dynamic Ads

ユーザーの商品の閲覧履歴に基づいて、特定の商品を表示した広告を配信できます。主に商品ページがたくさんあるような EC サイトの広告で使用します。

ユーザーがすでに商品ページを閲覧したことのある商品を広告として表示できるので、その商品に対する関心が高いユーザーをねらって配信することができます。現在、LINE Dynamic Ads を導入するには媒体側への申請が必要です。

類似配信

先述したオーディエンス配信のターゲティングで作成できるオーディエンスソースをもとに、類似したユーザーをターゲティングできます。

オーディエンスのサイズは上位1%~15%まで選択が可能です。1%がもっとも類似度が高く、数字が大きくなるほど類似度は低くなりますが、オーディエンスサイズは大きくなりリーチできる人数が多くなります。

この類似配信のオーディエンスを使用することで、新規ユーザーのなかでもコンバージョン確度の高いユーザーをターゲティングすることも可能になります。

たとえば、既存顧客のメールアドレスをもとにオーディエンスを作成し、その類似オーディエンスを作成すれば、既存顧客に類似した新規顧客をターゲティングできるようになります。

リエンゲージメント配信

アプリの再起動促進を目的に、アプリをインストールしている休眠ユーザー(アプリを開いていないユーザー)へターゲティングできます。

たとえば、アプリ内で過去に商品を購入したことがあったり、商品をカートに追加したままになっている状態のままのユーザーや商品の閲覧はしているものの購入に至っていないユーザーへターゲティングが可能です。

その他の広告配信で使える機能

ここまでで紹介したターゲティングの他にも、広告配信時に使用できる機能があります。広告配信をするユーザーを決める「ターゲティング」とは異なり、広告配信する際の「機能」なので混同しないように注意してください。

  • 友だち追加
  • 予約型広告
  • 自動最適化配信

友だち追加

友だち追加は、LINE 公式アカウントの友だちを獲得するために配信する広告の機能です。広告のリンクからサイトへ遷移するのではなく、LINE 広告アカウントの友だち登録が広告配信のゴールになります。友だち追加ごとに課金されます。

予約型広告

予約型広告は、その名の通り配信面や配信期間などの出稿内容があらかじめ定められた広告です。多くのユーザーへリーチを拡大できる広告で、認知を目的とした広告配信に向いています。

具体的には「リーチ&フリークエンシー」と「ブランドリフトサーベイ」という2つの機能が用意されています。

「リーチ&フリークエンシー」は、予約型広告以外の広告よりも優先的に広告を配信することができます。

「ブランドリフトサーベイ」は、ユーザーに対して広告認知度やブランド認知度・利用経験・好意度・利用意向などの項目を設定したアンケート調査をすることができるものです。

他の LINE 広告と違い、配信後にリアルタイムで調整をすることができません。テレビ CM や街の看板広告に似た性質をもっていると言えます。

自動最適化配信

自動最適化配信では、機械学習を利用して自動的に広告入札の最適化をおこないます。

配信データをもとに、より成果向上が期待できる入札方法を機械が自動でおこなってくれるため、人の手で細かな設定をする必要がなく効率良く広告配信をすることができるようになります。

コンバージョンが多く獲得できるアカウントで導入すれば、さらなる成果向上が期待できます。しかしコンバージョンが獲得しにくいアカウントの場合は、機械学習に必要なデータが少ないことで最適化がうまく働かない可能性があります。

LINE 公式によると、1つの広告グループで月に40件以上のコンバージョンが必要とされています。

広告の種類

広告のクリエイティブは静止画であれば1200×628または1080×1080動画であれば16:9または1:1のサイズのものが必要です。なお、このサイズでないと入稿ができません。

また、入稿した広告と設定したランディングページには審査が発生します。審査期間については正式に公表されていませんが、当日中~5営業日ほどかかる場合があります。

審査が非承認だった場合、その広告は修正できず作成し直さなければいけないので注意が必要です。

配信できる広告フォーマットは以下の6種類で、ここからはその種類と特徴、どんなシーンで使うべきを含めて紹介します。

  • Card
  • Square
  • Vertical
  • Carousel
  • 画像+テキスト
  • 動画リワード広告

Card(カード)

静止画と動画で使用できる広告フォーマットです。静止画は1200×628、動画は16:9のサイズのクリエイティブを使用して、広告文や URL の設定をすると、この形式で広告が配信されます。

LINE 広告のほとんどの配信面で配信ができる基本的なフォーマットです。広告配信を始めるならまずはこのフォーマットで広告を作成しましょう。

画像引用元: LINE Business Guide| LINE 媒体資料

Square(スクエア)

静止画と動画が使用できる広告フォーマットです。静止画は1080×1080、動画は1:1のサイズのクリエイティブを入稿すると、この形式で広告が配信されます。

Card と同様に LINE 広告のほとんどの配信面で配信が可能で、Card との違いはサイズの違いのみです。

画像引用元: LINE Business Guide| LINE 媒体資料

Vertical(バーティカル)

動画用広告フォーマットで、9:16のサイズで使用できます。主にタイムライン上に配信されます。タイムライン上では動画の上下が省略され、3:4の比率で広告が表示されます。ユーザーが動画をタップすると全画面で表示されるようになります。

広告の表示のされ方に気をつけなければいけないフォーマットですが、画面の占有率が大きくて訴求力のある広告フォーマットです。

画像引用元: LINE Business Guide| LINE 媒体資料

Carousel(カルーセル) 

1つの広告枠に複数商品(画像)を最大10件表示させることができます。タイムラインと LINE NEWS の一部に配信される広告フォーマットです。

画像ごとに広告のタイトル、説明文、URL をそれぞれ設定することができます。デザインやカラーが複数ある商品を扱った EC サイトの広告などに適した広告フォーマットです(EC サイト以外でも使用できます)。

画像引用元: LINE Business Guide| LINE 媒体資料

画像+テキスト

LINE のトークリスト上部に表示される Smart Channel 面での広告フォーマットです。Card や Square のフォーマットを入稿しておけば配信されますが、ここでは説明文が表示されません。

配信面は指定できないため、Smart Channel 面のみに配信設定をすることはできませんが、多くのユーザーの目にとまりやすいトーク一覧の上部に広告を表示させられるフォーマットです。

画像引用元: LINE Business Guide| LINE 媒体資料

動画リワード広告

2020年2月に新しく登場した広告フォーマットです。アプリ内で利用できるインセンティブと引き換えに、フルスクリーンで動画広告の完全視聴を促すことができます。LINE 広告ネットワークのみで配信されるフォーマットとなっています。

動画の用意が必要になるため配信のハードルは高い広告ですが、動画を最後まで見てもらえるのが大きなメリットです。

画像引用元:LINE 広告ネットワークが「動画リワード広告」に対応!特徴と導入フローを解説|LINE for Business

広告クリエイティブ作成時のポイントと注意点は、こちらの記事を参考にしてみてください。

独自の広告ポリシーにも注意が必要

LINE 広告で配信をする広告アカウントと掲載する広告は、媒体が定めるポリシーを基準に審査がおこなわれます。

業種や商材によっては、はじめから掲載ができないものがあります。 LINE 広告を配信する際にはあらかじめ掲載不可の業種、商材に該当しないか確認しておきましょう。

画像引用元: LINE Business Guide| LINE 媒体資料

表現上の注意・制限事項に記載のない商材やサービスであっても、LINE 広告側で掲載不可と判断されたものは広告配信をできないこともあるので注意が必要です。また、LINE 広告ならではのポリシーもあるためこれも注意が必要です。

たとえば「LINE 友だち登録」などの「友だち」は、「ともだち/友達」などと異なる表記をすることが禁止されています。他にも広告の画像内に、 LINE のロゴやキャラクターを使用するのもポリシー違反となります。

広告審査については LINE 公式のコラムで最新の情報が随時更新されています。健康食品や医療品など、とくにポリシーが厳しい商材についても詳細に説明されていますのでお困りのことがあればご一読いただくことをおすすめいたします。

広告配信開始に必要なもの

広告配信を始めるには、まず LINE 広告アカウントを開設する必要があります。LINE  広告アカウント開設にあたり以下の2点を準備しておきます。

  •  LINE ビジネス ID
  •  LINE 公式アカウント

LINE ビジネス ID は、 LINE 広告を使用するためのユーザー ID のようなものになります。 LINE ビジネス ID 申し込み画面から発行ができます。

LINE 公式アカウントは、広告配信に使用する LINE アカウントです。LINE 公式アカウントには「認証済アカウント」と「未認証アカウント」の2種類があります。

それぞれ利用できる機能が異なり、認証済アカウントは審査が発生しますが、未認証アカウントは審査なしで誰でも作成が可能です。

認証済アカウントではプロフィールに認証バッチが付与されたり、アプリ内のアカウント検索結果に表示されるようになったりと利用できる機能が増えます。

広告アカウント開設には、認証済/未認証どちらのアカウントでも作成ができます。広告を配信するだけであれば認証済アカウントであるメリットはそれほどありません。

広告だけでなく、公式アカウントを使用してユーザーを積極的に接点をつくりたい場合には認証済アカウントの方が、より活用する幅が広がります。

また、すでに LINE 公式アカウントを保有している場合はそのアカウントを使用して広告アカウントに紐づけが可能です。

LINE 公式アカウントは公式サイトから開設ができます(LINE 公式アカウントについての詳細を知りたい方も公式サイトをご覧ください)。

LINE ビジネス ID と LINE 公式アカウントが準備できたらアカウント開設をします。開設のフローについてはこちらの記事に記載しています。

LINE 広告の何が良いの?

LINE 広告は他の広告媒体にはない独自のメリットがいくつかあります。なぜ LINE 広告がおすすめなのか、その理由をご紹介します。

利用ユーザー数が多く、リーチが拡大できる

LINE は月間8,400万人に利用されているコミュニケーションアプリです。SNS 利用者のうちでも LINE 利用者は81.3%と利用率が高く、そのぶんリーチ力の高い媒体であるといえます。

Facebookの月間利用者数が2,600万人、Twitterの月間利用者数が4,500万人ですので、他のSNSと比較して LINE は、より多くのユーザーに利用されている媒体です。

たとえば LINE NEWS への配信であれば約7,500万人以上のユーザーにリーチすることが可能です。多くの人に日常的に利用されているアプリに広告を配信することができるので、他の媒体ではリーチできない層へ配信することができます。

これまで Google 広告や Yahoo!広告で配信をしてきて、これまで以上に多くのユーザーに配信を広げたいときなどに新しい広告配信媒体として活用できます。

 LINE 独自の新しい配信面に広告配信ができる

LINE 広告では、 LINE 本体アプリの他に LINE 関連サービスをはじめとしたアプリを保有する「 LINE 広告ネットワーク」と呼ばれる配信面に広告を配信することができます。

画像引用元:LINE広告ネットワーク|LINE for Business

LINE 本体アプリ内での配信面は以下通りです。

配信面詳細
Smart ChannelLINE トークリスト最上部に表示
ユーザーがよく見る場所に広告配信が可能
LINE NEWSLINE アプリ内のニュースページに加え、LINE が提供するアカウントメディアの記事一覧ページにも広告配信が可能
タイムラインLINE アプリ内のタイムライン上に広告配信が可能
Smart Channel やLINE NEWS と比較して、表示される画像や動画のサイズが大きい
ウォレットLINE アプリ内のウォレットタブに広告配信が可能
LINE マンガスマホ向け電子コミックサービスの LINE マンガに広告配信が可能
LINE BLOGアーティストやタレントも配信している LINE BLOG に広告配信が可能
LINE ポイントLINE 利用ユーザーが「友だち追加」「動画視聴」「ミッション」などの指定条件をクリアすることで、ポイントがもらえるサービスの LINE ポイント上に広告配信が可能
LINE ショッピングLINE アプリ上から商品を購入できるサービスの LINE ショッピング上に広告配信が可能
LINE チラシLINE 上で地域の店舗のセール・特売情報を閲覧できるサービスの LINE チラシ上に広告配信が可能
LINE クーポン飲食店やコンビニ、レジャー施設などで利用できるクーポンサービスの LINE クーポン上に広告配信が可能
利用ユーザー層は70%が女性で、40~50代が全体の6割を占める
LINE マイカードお店のポイントカードや会員証などを、LINE アプリの中でまとめて管理できるサービスの LINE マイカード上に広告配信が可能
利用ユーザー層は女性が約6割、男性が約4割

この中でも代表的な配信面の例をご紹介します。

Smart Channel は LINE のトーク画面の最上部に表示される広告で、実際に目にしたことがある方も多いかと思います。

下の画像は Smart Channel の一例で、クリックするとサイズが大きくなって動画が流れる形式の広告です。すべてがこの形式ではなく、クリックするとすぐサイトに遷移する形式の広告もあります。

Smart Channel の配信例

次に紹介する配信面の例は、LINE アプリの「ニュース」タブから閲覧できる LINE NEWS で表示された広告です。ここに配信される広告には「広告」という表示がされます。

LINE NEWS の配信例

最後に紹介する配信面の例は、タイムライン上に表示される広告です。タイムラインの広告には、広告配信アカウントの名前の下に「Sponsored」という表示がされます。スマホの画面いっぱいを占めるようなサイズで画像または動画を表示することもできます。

タイムラインの配信例

LINE 広告ネットワーク

LINE 広告が保有するネットワークで、 LINE アプリ本体以外の LINE ブログや MERY、クックパッドのようなアプリにも配信ができます。

実際に配信されている広告は以下のような形で表示されています。アプリの仕様にもよりますが、広告のインフォメーションマークをクリックすると、LINE 広告のプライバシーポリシーのページが表示されるものは LINE 広告で配信されているものだと確認ができます。

左:MERY アプリ内 LINE 広告、右:インフォメーションマーククリック後の遷移画面

ちなみに「LINE 広告ネットワーク」内の特定のアプリのみに配信または除外といった設定をすることはできません。「LINE 広告」と「LINE 広告ネットワーク」両方に配信、もしくはどちらかのみに配信する設定にすることは可能です。

画像引用元: LINE Business Guide| LINE 媒体資料

競合が少ないので他媒体より平均クリック単価が低い

リーチが広く、広告の掲載枠も多いため競合性が低いのが LINE 広告の特徴です。また、LINE 広告は2016年6月から本格的にサービス提供が開始された広告媒体で、 Google 広告や Yahoo!広告などの有名な広告媒体と比較して新しい広告媒体です。

そのため広告を出稿している競合も少なく、クリック単価が低い傾向にあります。

弊社の実績では、検索広告でのクリック単価が約50円だったのに対して、LINE 広告ではクリック単価が約15円で配信ができました。広告費は検索広告の半分の額で、クリック数が約1.5倍に増加しました。

低いクリック単価でサイト流入数を増やすことで、他媒体のリマーケティングとの相乗効果も期待できます。

LINE 独自のターゲティングが使える

LINE 広告では、LINE 公式アカウントに登録された友だちに対して広告を配信することができます。これは LINE 広告で利用できるターゲティングのなかでも、他の広告媒体にはないターゲティング方法になります。

友だちターゲティングのメリットとしては、すでに自社商品・サービスに興味を持っているユーザーに対して広告を配信できるので高い成果が見込めるという点があります。

また、友だち登録をしているユーザーの情報をもとに類似ユーザーのオーディエンスを作成することもでき、友だち類似ターゲティングでの配信も可能です。

▼友だちターゲティングについてはこちら

新しい施策として LINE 広告を始めてみましょう

LINE 広告は少額の予算から始めることができ、しかも低いクリック単価で広告配信ができる点で魅力的な広告媒体です。

広告の新しい施策に悩んだら、LINE 広告を始めてみてはいかがでしょうか。

メールアドレスをご登録いただきますと、ブログの更新情報などをお届けいたします。

メールアドレスをご登録いただきますと、ブログの更新情報などをお届けいたします。
「わかりにくいこと」を「わかりやすく」をモットーに、すべての記事を実際に広告運用に関わるメンバー自身が執筆しています。ぜひ無料のメールマガジンに登録して更新情報を見逃さないようにしてください!

メールマガジンの登録はこちら

この記事を書いた人

すみ

すみ

広告運用 コンサルタント

2019年4月に新卒で入社。同年5月より広告運用チームに所属、12月以降10 社以上の広告運用を担当。広告運用やWEBマーケティングについて 日々勉強中。趣味は散歩や読書、勉強、音楽を聴くなど書ききれないほどある。特技はひとりで遊ぶこと。

こんな記事も読まれています

pagetop