運用型広告

【絞り込み部分一致が廃止】マッチタイプとは?目的別の使い分け方法を紹介

検索広告においてキーワード設定は必要不可欠ですが、広告配信の鍵を握るマッチタイプもきちんと設定できているでしょうか。

マッチタイプは広告の配信ボリュームを左右するので、目的に合っているか、配信開始前に再度確認しておきたい設定の1つです。

この記事では、マッチタイプが全部で何種類あって、それぞれどのような時に使用し、使い分けはどうすれば良いのかを、広告運用を始めたばかりの方に向けて分かりやすくまとめました。設定の際の参考や新人教育のときにご活用下さい。

記事内で説明する絞り込み部分一致は、Yahoo!広告では2021年6月から7月に、Google 広告では2021年7月よりフレーズ一致の動作に統一されます。

4種類のマッチタイプとは

そもそも「マッチタイプ」とは、広告の配信のために登録したキーワードが、どの範囲まで掲載するかを決める設定です。以下は Google と Yahoo! のマッチタイプの説明になっています。

このマッチタイプには、全部で4つの種類が存在します。それぞれの特徴と設定方法を説明します。

  1. 完全一致
  2. フレーズ一致
  3. 部分一致
  4. 絞り込み部分一致
マッチタイプのイメージ

それぞれの設定方法は、Yahoo! 広告と Google 広告で設定方法が異なります。Google の場合は指定の記号で囲むなどの方法をとり、Yahoo! では所定の入力欄に入れる方法です。後ほど詳しく説明いたします。

また Yahoo! 広告においては、該当のマッチタイプ名を指定することで設定できますが、Google 広告ではそれぞれ記号を使った設定が必要になります。

※この記事では広告管理画面で設定する単語を「キーワード」、ユーザーが検索窓に入力する単語を「検索語句」と記載します。

1.完全一致

完全一致は、登録キーワードと全く同じ検索語句が入力された際に広告表示されます。そのため、マッチタイプの中で最も掲載範囲を絞ることができます。

また、類似パターンと判断された検索語句にも広告表示されます。類似パターンとは、漢字違いや変換ミスなどでもシステムによって登録キーワードと類似していると判断される語句のパターンです。その場合、登録キーワードと完全に一致していなくても広告表示されることがあります。

Google 広告における設定方法は、登録キーワードを「[ ](角括弧)」で囲むことで設定できます。以下は、完全一致で設定した登録したキーワードの例と想定される検索語句です。

登録キーワード配信される検索語句
リスティング広告 運用リスティング広告 運用

2.フレーズ一致

フレーズ一致は、登録したフレーズ(複数のキーワード)と一致している場合に加えて、フレーズの前後に他の単語が含まれている場合でも広告表示されます。また、完全一致と同様に類似パターンでも広告表示されます。

Google 広告における設定方法は、登録キーワードを「”(二重引用符)」で囲むことで設定できます。以下は、フレーズ一致で登録したキーワードの例と想定される検索語句です。

登録キーワード配信される検索語句
リスティング広告 運用リスティング広告 運用 会社
東京 リスティング広告 運用

3.部分一致

部分一致は、登録キーワードの類義語や関連語とシステムによって判断された場合も広告が表示されます。

部分一致以外のマッチタイプも拾う検索語句も広告表示の範囲となるので、マッチタイプの中で最も掲載範囲が広いマッチタイプになります。

Google 広告では、登録キーワードに記号を付与せずにそのまま登録することで設定できます。

以下は、部分一致で登録したキーワードの例と想定される検索語句です。部分一致の場合は媒体のシステムによって意味が解釈されるため、登録したキーワードの意図とはやや異なる検索語句にも表示されます。

また、例で記載している語句はあくまでも配信される可能性がある語句のため、必ずこちらの検索語句に配信されるというわけではありません。

登録キーワード配信される検索語句
リスティング広告 運用Google広告 運用検索広告で成果を出すコツ

4.絞り込み部分一致

絞り込み部分一致は、登録キーワードが検索語句に含まれている場合に広告表示されます。また、複数のキーワードを設定している場合は語順に関係なくそれぞれのキーワードが検索語句に含まれている場合に広告表示されます。

その為、広告の表示範囲としてはフレーズ一致より広く、部分一致より狭いということになります。また、完全一致・絞り込み部分一致と同様に類似パターンでも広告表示されます。

Google 広告における設定方法は、登録キーワードの前に半角の +(プラス)記号を付与することで設定できます。

登録キーワード配信される検索語句
リスティング広告 運用リスティング広告 運用 コツ
リスティング広告を運用代行してくれる会社

今後は実質3種類に統合される

先述しましたが、Google 広告においては、2021年2月より絞り込み部分一致の機能がフレーズ一致に統合され、フレーズ一致と絞り込み部分一致の機能に差がなくなるアップデートが開始されています。同年7月には、新しいフレーズ一致の動作に統一される予定です。

つまり、絞り込み部分一致でしか拾えなかった検索語句もフレーズ一致で拾えるようになります。ただ、語順が逆で登録キーワードと意味が相違している場合は広告表示の対象とならないので注意が必要です。

例えば、「東京から神奈川までの引っ越しサービス」をキーワードとして登録した場合、「神奈川から東京まで」の引っ越しサービスを探していると解釈された検索語句には広告表示されません。

一方、「東京から神奈川まで」の引っ越しサービスを探していると解釈される検索に対しては登録しているキーワードの語順に関係なく広告表示されます。

下記の例では、「東京の企業 引っ越しサービス 神奈川まで」には広告表示され、「引っ越しサービス 神奈川から東京まで」には広告表示されないという結果を表しています。

画像引用元:フレーズ一致と絞り込み部分一致の変更について|Google 広告 ヘルプ

また Yahoo! 検索広告でも同様のアップデートが実施され、2021年6月に絞り込み部分一致の動作をフレーズ一致の動作へ切り替えがあり、7月には絞り込み部分一致の機能の停止がなされます。

【検索広告】マッチタイプの一部変更について – Yahoo!広告

English translation ##対象サービス Yahoo!広告 検索広告 ##実施日(予定) 2021年6月~7月ごろ ※詳細は「4. 統合の予定」をご覧ください。なお、日程は変更になる場…

マッチタイプ選定の考え方

それぞれのマッチタイプの特徴が理解できたところで、どのキーワードにはどのマッチタイプが適切か選定する際の3つの考え方をご紹介します。

  1. コンバージョンに繋がる可能性が高いキーワードは完全一致
  2. 関連性が高いが検索ボリュームが少ないキーワードはフレーズ一致
  3. 想定していないキーワードを発見したい時は部分一致

設定するマッチタイプを決められていない状況でも、これらのパターンに当てはめて考えられれば配信目的に沿った適切なマッチタイプが自然と選べるようになります。パターンは3つ挙げるので、是非覚えて活用してみて下さい。

1.コンバージョンに繋がる可能性が高いキーワードは完全一致

対象キーワードを検索したユーザーがコンバージョンに繋がる可能性が高いキーワードは完全一致で設定しましょう。

コンバージョンに繋がる可能性が高いため、確実に広告を表示させ、コンバージョンを獲得する必要があります。商材やサービスによっては、1語だけではなく2語以上登録することもあります。

例えば、リスティング広告の運用代行サービスをおこなっている会社は「リスティング広告 運用代行」というキーワードを登録します。

このようなキーワードで検索をするユーザーは、運用代行の依頼を検討している可能性が高いので、コンバージョンに繋がる確度も高いといえます。

2.関連性が高いが、検索ボリュームが少ないキーワードはフレーズ一致

関連性の高いキーワードは完全一致での登録もオススメしますが、検索ボリュームが少ないとそもそもクリックを集めることができません。

そのため、目標としているコンバージョン数に届かなかったり予算を投下しきれなかったりすることがあります。それらを防ぐ効果的な対策がフレーズ一致です。

フレーズ一致は、登録していないキーワードを含んでいる場合でも広告表示させることができるので、想定していなかった検索語句も拾うことができます。

登録したキーワードの決め打ちになってしまう完全一致に対して、文章的な検索語句に対しても広告表示させることができます。

先程の例でいうと、「リスティング広告の運用代行をしてくれる会社」などの検索語句にも対応することができます。

3.想定していないキーワードを発見したい時は部分一致

完全一致やフレーズ一致は、キーワードを想定できてこそ設定できるマッチタイプです。準備段階で想定が難しい場合、部分一致を設定することをオススメします。

登録キーワードと類似していると判断された検索語句にも広告表示されるので、新しいキーワードを発見することが可能です。

例えば、「リスティング広告」を部分一致で設定した場合、「検索広告」や「Google 広告」といった検索語句も拾う可能性があります。

一方、意図していない検索語句を拾ってしまう場合もあるので注意が必要です。配信を始めた頃は、検索語句レポートで実際に拾っている検索語句のチェックをおこないましょう。

目的に即したマッチタイプの選定&設定を!

本記事で説明した考え方に沿ってマッチタイプを選定していきましょう。ただ、予算や商材などはさまざまなので、実際どのマッチタイプが適切か悩むと思います。

そのような時は、完全一致とフレーズ一致の設定をオススメします。どちらも関連性の高い検索語句を拾うことができ、結果的にコンバージョンに繋がる可能性も高いです。いわゆる「今すぐ客」の刈り取りをしていく配信をおこなうことができます。

目的や目標は様々ですが、成果をあげていくためには、配信するキーワードの選定が重要になってきます。マッチタイプを駆使して効果的な配信がおこなえるようにしていきましょう。

メールアドレスをご登録いただきますと、ブログの更新情報などをお届けいたします。

メールアドレスをご登録いただきますと、ブログの更新情報などをお届けいたします。
「わかりにくいこと」を「わかりやすく」をモットーに、すべての記事を実際に広告運用に関わるメンバー自身が執筆しています。ぜひ無料のメールマガジンに登録して更新情報を見逃さないようにしてください!

メールマガジンの登録はこちら

この記事を書いた人

秋元 航平

秋元 航平

広告運用 コンサルタント

2019年4月に新卒で入社後、研修を経て運用チームに配属。配属後はtoB、toC等の案件を担当。常にクライアントニーズを察知するアンテナを張り、広告パフォーマンスで応えるよう尽力する運用者。趣味はお笑いと観賞(研究?)と謎解き。特に好きな芸人は東京03とバナナマン。

こんな記事も読まれています

pagetop