Yahoo! 広告

Yahoo!ディスプレイ広告(YDA)にカルーセル広告が登場!入稿規定と配信事例を紹介

Google 広告や Yahoo!広告をはじめとする運用型広告は、常にアップデートがおこなわれています。日々のお客様対応や、広告のチューニングなどをおこなっていると、アップデート情報についていけなくなることもあると思います。

2021年にリリースされた Yahoo!ディスプレイ広告のカルーセル広告はいかがでしょうか。名前は聞いたことがあってもまだ入稿したことがなかったり、仕組みや入稿方法はよくわからなったりする方も多いかと思います。

【ディスプレイ広告】運用型 カルーセル広告の提供開始について – Yahoo!広告

English translation 更新履歴 2021年7月27日 本件の実施を完了しました。 カルーセル広告の作成方法は、以下のヘルプを参照してください。 カルーセル広告を作成する(運用型) …

この記事では Yahoo!ディスプレイ広告のカルーセル広告の入稿方法と、弊社で配信した事例を紹介します。

 Yahoo!ディスプレイ広告のカルーセル広告とは

 Yahoo!ディスプレイ広告のカルーセル広告は、2021年7月27日にリリースされたディスプレイ広告の入稿形式の1つです。

カルーセル広告は2つ以上の画像を組み合わせて表示させるバナー広告で、 Facebook 広告や Google 広告でも利用することができます。

画像引用元:【ディスプレイ広告】運用型 カルーセル広告の提供開始について|Yahoo!広告

画像とテキストを組み合わせたものをカルーセルカードと呼び、カルーセルカードごとに画像やリンク先を設定することができます。

掲載面は、PC 版 Yahoo! JAPAN トップとスマホ版 Yahoo!ニューストップ

Yahoo!ディスプレイ広告のカルーセル広告は、運用型と予約型の両方で設定することができます。予約型は横長の画像を使用し、通常の予約型広告と同様に Yahoo! JAPAN のトップページなどに掲載されます。

運用型のカルーセル広告は PC 版 Yahoo! JAPANトップページと、スマートフォン版 Yahoo!ニュース(Web のみ)に掲載されます。

また、今後スマートフォン版 Yahoo! JAPAN アプリやスマートフォン版 Yahoo! JAPAN トップページ(Web 版)にも対応予定です。正式な発表はありませんが、今後掲載面が増えていく可能性もあります。

カルーセル広告のメリット

カルーセル広告は、1枚画像のディスプレイ広告ではなく、複数の画像を表示させることでより多くの情報をユーザーに見せることができます。複数の画像を見せることで、主に以下の2つ効果が期待できます。

  1. サービスの特徴やストーリーを伝えられる
  2. 商品カタログのように複数の商品を紹介できる

サービスの特徴やストーリーを伝えられる

複数の画像とテキストを1つの広告で見せることができるので、1枚画像では表現できなかったことまでを伝えることができます。

たとえば機能が多いサービスの場合、1枚の画像では1つの機能かサービスの全体像しか伝えることができませんが、カルーセル広告を使えば画像の数だけ機能の訴求をおこなうことができます。

また最近よく見かけるマンガアプリなどの広告では、ストーリーの一部をユーザーに見せて興味を引き、そこからアプリのダウンロードや Web サイトへ誘導するものもあります。

商品カタログのように複数の商品を紹介できる

 EC サイトなど複数商品がある場合、複数の商品を1つの広告で見せることができます。動的リマーケティングでの表示方法と同じようなものだと考えてもらうとイメージしやすかと思います。

しかし動的リマーケティングとは異なり、表示されたときの見え方が設定したもので固定されることもメリットとして挙げられます。

動的リマーケティングの場合は1枚画像の範囲に複数商品が表示されますが、カルーセル広告の場合はスクロールすることで次の画像を見ることになります。そのため1つの枠で見せたい商品を大きく見せることができます。

 Yahoo!ディスプレイ広告のカルーセル広告の入稿方法

ここからは Yahoo!ディスプレイ広告運用型のカルーセル広告入稿方法を紹介します。画像が増えることで各画像ごとにリンク先 URL を設定するという手順が増えているので、気を付けて準備をしましょう。

Yahoo!ディスプレイ広告の管理画面から入稿できる

カルーセル広告は Yahoo!ディスプレイ広告の広告と同様に、Yahoo!ディスプレイ広告管理画面から入稿できます。

まず、追加をおこないたい広告グループの「+広告作成」から「カルーセル広告」を追加を選択します。

任意のキャンペーン > 任意の広告グループ > 広告 > 広告作成

まずは「基本情報」を設定していきます。レスポンシブ広告と同様に主体者表記などを入力したら、次へをクリックします。またロゴもここで設定します。

任意のキャンペーン > 任意の広告グループ > 広告 > 広告作成 > カルーセル広告 > 基本情報

次にカルーセルカードの設定をおこなっていきます。リンク先 URL とタイトル、説明文と画像をそれぞれ設定していきます。

カルーセルカードは2枚以上10枚まで設定できます。設定が完了したら「広告を追加」をクリックして完了です。

任意のキャンペーン > 任意の広告グループ > 広告 > 広告作成 > カルーセル広告 > 画像

カルーセル広告の入稿規定

カルーセル広告は、バナー広告と用意する画像や見出しの文字数が異なります。準備をする際に間違えないように注意しましょう。

画像

カルーセル広告はカルーセルカードに使用する画像とロゴが必要です。ロゴも画像も指定の画像サイズ以外は使えないため注意しましょう。

画像サイズファイルサイズファイル形式
ロゴ600 px x 600 px最大3 MB(150 KBを超える場合は圧縮)GIF89a、JPEG、PNG
画像
(カード)
600 px x 600 px最大3 MB(150 KBを超える場合は圧縮)GIF89a、JPEG、PNG
参考:カルーセル 広告仕様|Yahoo!広告

広告文

見出しや説明文もレスポンシブ広告とは文字数が異なります。

項目カルーセルカード1枚あたりの文字数
見出し20文字以内
説明文38文字以内
参考:カルーセル 広告仕様|Yahoo!広告

また、入稿にはカルーセルカードにリンク先 URL がそれぞれ必要です。基本情報として、表示 URL、リンク先 URL、主体者表記も設定します。

Yahoo!ディスプレイ広告 カルーセル広告の事例

弊社で配信をおこなった際の事例をご紹介します。クリック率に大きな乖離が出ていますが、配信される場所が異なるため正確に比較をすることはできません。また、クリック率とコンバージョン率、ともに大きな変化はなく、現状どちらが優位かはいい切れません。

クリック率コンバージョン率
カルーセル広告0.04%0.30%
レスポンシブ広告0.08%0.22%

カルーセル広告と相性がとても良い商材以外では、レスポンシブ広告と比較して、上記の指標で優れているというわけではないようです。

ただまだ配信面が限定されていることから、今後この結果は変化していく可能性があります。その際のメリットを考慮して、今から試してみても良いかと思います。

新しいものをどんどん試してみよう

運用型広告は新しい機能が追加されたり、もともとあった機能がなくなったりと日々変化をしています。

新しいものを積極的に試していくことで、媒体の知見が広がり有利に働くだけではなく、先行メリットを得ることもできます。

また今回の Yahoo!ディスプレイ広告のカルーセル広告で複数画像でサービスの特徴やストーリーを見せることができるメリットがあったように、まずは試してそういったメリットを見つけてみても良いかもしれません。

自社の広告運用に必要かどうかを判断することも大事ですが、迷ったら導入してみるという姿勢も大事です。

メールアドレスをご登録いただきますと、ブログの更新情報などをお届けいたします。

メールアドレスをご登録いただきますと、ブログの更新情報などをお届けいたします。
「わかりにくいこと」を「わかりやすく」をモットーに、すべての記事を実際に広告運用に関わるメンバー自身が執筆しています。ぜひ無料のメールマガジンに登録して更新情報を見逃さないようにしてください!

メールマガジンの登録はこちら

この記事を書いた人

林 ひかり

林 ひかり

広告運用 コンサルタント

2020年1月に広告運用コンサルタントとして入社。新卒で入社した不動産会社向けシステム会社で、気づいたらマーケティング担当になっていて、サイト運営や広告運用などいろいろ携わった元”なんでも屋のぼっちマーケター” 広告運用以外だとGoogleAnalyticsとZapierが好き。鈴木愛理とハロプロに支えられ、毎日楽しく広告運用してます。

こんな記事も読まれています

pagetop