Yahoo! 広告

Yahoo!広告で過去の違反実績をもとにした広告審査がスタート。”重大な違反表現”を対象に、商品単位で広告掲載が停止に。

2021年1月7日(木)Yahoo!広告の新たな広告審査基準が発表されました。適用開始は2021年2月8日(月)を予定しています。

Yahoo! は以前から広告の透明性を保つために、広告サービス品質に関するレポートを公開や丁寧なガイドラインの作成、審査体制の強化をしてきました。

過去に重大な違反表現があったものは商品単位で広告掲載ができなくなる

新たな広告審査基準として、過去の違反実績をふまえた広告審査が始まります。

広告審査において重大な違反表現が認められた場合、当該審査対象の広告にて 訴求する商品(以下「対象商品」といいます)は広告掲載のリスクが高いと判断し、 当該違反表現を訂正いただいた場合であっても、以降の対象商品にかかる広告掲載の お申込みをお断りいたします。

また、実施中の対象商品にかかる広告掲載についても当社の判断において停止いたします。

引用元:違反実績をふまえた広告審査開始のお知らせ(2021/2/8適用開始)|Yahoo!広告ヘルプ

今回のリリース内容を簡単にまとめると以下のとおりです。

  • 2020年2月8日(月)より適用開始予定
  • 過去に重大な違反表現が広告は、表現の訂正があった場合でも、訴求する商品の広告掲載の申請ができなくなる
  • 既に広告掲載している広告が停止される可能性がある

重大な違反表現とは

重大な違反表現については以下のようなものが挙げられます。

・明らかな虚偽、誇大広告
・重大な健康被害の恐れのあるもの
・その他「Yahoo! JAPAN 広告掲載基準」への重大な違反と当社が判断する表現  

引用元:違反実績をふまえた広告審査開始のお知らせ(2021/2/8適用開始)|Yahoo!広告ヘルプ

たとえば、健康食品やダイエットを目的とした商品・サービスで「マイナス◯キロ痩せる!」などの効果の保証をする誇大な表現などが該当します。

それ以外にも医薬品や医薬部外品、医療機器などの広告で、健康被害に影響を与えるような表現は重大な違反に該当します。

また、Yahoo! 側で対象となった商品のリストは開示していないので、問い合わせて自社の商品のうちどれが対象になるのかを聞くことはできません。

よりクリーンな広告掲載が更に求められる

先日、代表の滝井が執筆した「2021年のネット広告関連で予測される10のこと」でも取り上げたように2021年以降は更にクリーンな広告が求められるのは明白です。

前述したようにネットがマス化し、ネット広告は広告業界のトップとなりました。ネット広告は以前のようなベンチャー企業が試行錯誤する「挑戦者」の立場ではないので、当然それにふさわしい振る舞いが求められます。

グレーゾーンは NG であり、法律や規則に則った誠実さが求められます。

引用元:2021年のネット広告関連で予測される10のこと

企業が出す広告はこれまで以上に信用でき、偽りのないものが求められていくことになるでしょう。

一方で、この流れはネット広告のマス化をより促進させる流れでありチャンスでもあります。

広告は企業だけが利益を得るためのものではなく、広告を見たユーザーが実際に商品やサービスを購入して満足して初めて有益なものとなります。

より一層、運用者含め広告に携わる人は、モラルの高さや品位のある広告が必要とされると理解していかなければなりません。

メールアドレスをご登録いただきますと、ブログの更新情報などをお届けいたします。

メールアドレスをご登録いただきますと、ブログの更新情報などをお届けいたします。
「わかりにくいこと」を「わかりやすく」をモットーに、すべての記事を実際に広告運用に関わるメンバー自身が執筆しています。ぜひ無料のメールマガジンに登録して更新情報を見逃さないようにしてください!

メールマガジンの登録はこちら

この記事を書いた人

大久保 翔太

大久保 翔太

マーケティング/編集

2019年9月に編集者として入社。新卒は求人広告営業、その後は記事執筆・編集、採用を含むバックオフィス業務をやっていました。お弁当男子(おべだん)としてTikTokにてバズり中。見た目の割にトレンドには敏感。沖縄観光と都内の居酒屋に精通しているイケイケドンドン、少し心配性なオオクボです。

こんな記事も読まれています

  • TOP
  • キーワードマーケティングのブログ
  • Yahoo!広告で過去の違反実績をもとにした広告審査がスタート。"重大な違反表現"を対象に、商品単位で広告掲載が停止に。|株式会社キーワードマーケティング
pagetop