成果の出るInstagram広告クリエイティブの4つのコツ。推奨画像サイズ・文字数も解説

SNS の中でも特にビジュアルでの訴求が強い Instagram は Facebook 社のプロダクトなので、ターゲティングなどは Facebook と同じものを使用できます。

一方、広告フォーマットはまるで違うため、この記事では Instagram 広告に特化して、広告の仕様やクリエイティブの作成方法、コツなどを解説していきます。

Instagram 広告の画像サイズや文字数まとめ

画像や動画などに使用する画像や動画は以下の規定となっています。

画像/動画の規定フィード/発見タブストーリーズ
推奨アスペクト比・正方形: 1:1(推奨)
・横長: 1.91:1縦長: 4:5
・9:16(推奨)
・16:9から4:5
 ※ダイナミック広告のみ 1.91:1
解像度の上限・正方形:1936×1936ピクセル
・横長:1936×1016ピクセル
・縦長:1548×1936ピクセル
1080×1920ピクセル
解像度の下限・正方形:500×500ピクセル
・横長:600×315ピクセル
・縦長:600×750ピクセル
600×1067ピクセル
画像ファイルサイズ30 MB30 MB
画像ファイル形式jpg、pngjpg、png
動画の時間1秒から120秒・1秒から120秒
・45秒から先は「このまま見る」をタップして画面遷移が必要(画像では5秒間表示される)
動画ファイルサイズ4 GB4 GB
動画ファイル形式mp4、.movなど、ほぼすべてのファイルタイプ※mp4、.movなど、ほぼすべてのファイルタイプ※
※その他アップロード可能な動画フォーマットは 、Facebookではどのようなフォーマットの動画ファイルをアップロードできますか。を確認

テキスト要素の規定は以下のようになっています。基本的にはオーガニック投稿と同じ表示になっています。

テキスト要素フィード/発見タブストーリーズ
文字数の上限2,200文字記載なし
省略されるない行数2行(文字数は不定)6行(全角115文字、半角230文字)
ハッシュタグ上限30個30個

アクションボタンは以下から選ぶことができます。自社の商品なやサービスにあわせて適切なものを選びましょう。

  • 詳しくはこちら
  • 登録
  • 上映時間を表示
  • 申し込む
  • フォロ-する
  • 音楽を聞く
  • 予約する
  • ダウンロード
  • 他の動画を視聴
  • 購入する
  • メニューを表示
  • お問い合わせ
  • 予約のリクエスト

要素ごとの推奨と注意点

ビジュアル要素・テキスト要素・その他という3つに分けて解説します。要素ごとのポイントをしっかりとおさえてクリエイティブ作成の参考にしてください。

ビジュアル要素

記事内では Instagram の画像と動画をあわせて「ビジュアル要素」と呼びます。このビジュアル要素こそユーザーにもっとも見られている箇所になります。

Facebook 社が発表しているアイトラッキング(視点の場所や、頭部に対する眼球の動きを計測し、追跡する方法)のデータでビジュアル要素がよく見られていることが分かりました。

画像引用元:テレビ+Instagramの相乗効果 – 国内調査から得られたクロスメディアでInstagramを活用するヒント|Instagram Business


Instagram 広告全般の推奨

Instagram 広告のビジュアル要素は推奨する2つのことがあります。

1.正方形の画像を用意する

画像の縦横比のことは「アスペクト比」と呼ばれ、その推奨は「配置」という広告が表示される場所によって決まります。たとえば、Instagram フィードでは正方形が推奨とされていますが、他サイズと比較すると以下のようになります。

縦に長ければ長いほど、画面占有面積が大きくなります。とにかく画面占有率を上げたいのであれば4:5まで縦に伸ばしてもよさそうですが、Instagram アカウントの情報と画像下部のテキストなどが一目で視認しにくいため、あまりおすすめではありません。

また、正方形は「垂直水平錯視」という視覚効果で縦長に見えるため、ユーザー目線では実際よりも大きく見えています。

一方で Instagram にはフィードの他にストーリーズもあり、ストーリーズの推奨は9:16の縦長です。しかし、ストーリーズ用に画像を用意しないで、正方形だけでも広告配信することは可能です。

フィードは特に広告表示される回数が多く、表示回数はストーリーズの3倍から多いと10倍にもなります。またコンバージョンも獲れる傾向があるので、まずは正方形の画像から始めてパフォーマンスが良いものが見つかったらサイズ展開していくと効率的です。

2.解像度に上限はなし!手持ちの最高画質を使用する

先ほどのアスペクト比とセットで語られるのが、画像の粒度を記す「解像度」です。こちらはピクセルで表現されます。上限がないので、用意した画像の中で最も高画質なものを使いましょう。

解像度の下限を補足しておくと、こちらの公式ヘルプページによれば500×500ピクセルと記載されています。しかし、解像度が低いと広告の印象が悪くなり費用対効果がお落ちてしまいます。なるべく1936×1936ピクセルに近いものを使用するようにしましょう。

なお、ファイルサイズには30 MB という上限があるので、ファイルサイズがオーバーするような超高画質の画像は解像度を少し落としてから入稿するようにしましょう。

動画に特有の注意点

Instagram は画像を投稿するサービスとして広まったので、従来は画像のみのイメージが強くありましたが、ストーリーズリールの登場で Instagram で動画コンテンツを見ることも当たり前になっています。

Instagram 動画広告を配信する際は、画像のみの投稿と異なる注意点が3つあります。

1.上限120秒、推奨15秒以内にする

仕様により120秒以内の動画でないと広告配信することはできません。手持ちの商品・サービス紹介動画が120秒を超えるようなものであれば、短く編集してから使いましょう。

なお、Instagram ストーリーズでは15~45秒から先は「このまま見る」をタップして画面遷移してもらう必要があります。したがって、120秒まで OK ではあるものの、実際のところ15秒以内で収まるようにテンポよく編集したほうが良いです。

2.勝負は1シーン目!

Instagram に馴染みのない方は、感覚的に理解しにくいかもしれませんが、ユーザーは文字通り一瞬で、そのコンテンツをそのまま見るか、次のコンテンツを見るか判断しています。特にストーリーズなどはその傾向が顕著です。

利用者がストーリーズのコンテンツの視聴にかける時間は、他のメディアよりはるかに短くなります。最初の画面からオーディエンスの注意を引き付け、速いテンポで彼らの注意をそらさないような広告を作成しましょう。

引用元:ストーリーズ用クリエイティブのベストプラクティス|FACEBOOK for Business

動画では1秒にも満たない一瞬、1シーン目だけでユーザーの興味を惹けなければなりません。この冒頭部分で勝負が決まるといっても過言ではありません。したがって、動画を配信してみてパフォーマンスが悪いときには、出だしでつまづいている可能性が高いでしょう。

どこまで再生されているかのは、管理画面で確認することができます。広告マネージャの画面右にある「列」から「動画エンゲージメント」を選択しましょう。

Facebook 広告マネージャ:動画エンゲージメント

動画エンゲージメントからは以下のデータを一括で表示できます。

確認したいこと該当する指標
何人に広告を表示できたのかリーチ
何回広告が表示されたか表示回数
何回動画が再生されたのか動画再生数
何秒再生されたか・動画の2秒以上の継続的な再生数(開発中のためデータが表示されないことあり)
・動画の3秒再生数
・動画の10秒再生数
動画の何%が再生されたか・動画の25%再生数
・動画の50%再生数
・動画の75%再生数
・動画の95%再生数
・動画の100%再生数
いくら費用を使ったのか消化金額

冒頭部分のパフォーマンスを確認するときには「動画の3秒再生数」を使うことが多いです。目安として、この再生数が「動画再生数」の60~70%に満たなければ、冒頭部分を別パターンに変えてテストしたほうが良いかもしれません。それ以外の冒頭から続く部分はそのままでも成果が出るケースもあります。

ストーリーズに特有の注意点

前述した通り Instagram 広告を始めるときはまず正方形の画像1枚で十分ですが、パフォーマンスの良いクリエイティブが見つかったら、Instagram ストーリーズの推奨サイズである9:16の縦長も設定してみましょう。ストーリーズでより多くのコンバージョンが獲得できるかもしれません。

設定方法は、広告マネージャの広告タブから、該当の広告にチェックを入れて「編集」をクリック。以下のような画面が表示されるので、そこから「編集する配置を選択」で設定できます。

Facebook 広告マネージャ:広告 > 該当項目にチェックを入れ、編集 > 編集する配置を選択

Instagram ストーリーズのビジュアル要素は、フィードとは違いフルスクリーンで画面いっぱいに画像や動画が表示されるので異なる点が3つあります。

1.画像や動画の上下約14%には重要なコンテンツは配置しない

ストーリーズでは画面上部の約14%(250ピクセル)の範囲に Instagram アカウントのアイコンや名前が表示され、下部の約14%には「詳しくはこちら」などのアクションボタンが表示されます。

画像引用元:デバイスによる広告プレビューの違いの例

したがって、上下の約14%(250ピクセル)に重要なテキストやロゴなどを配置してしまうと、被って見えなくなるため注意しましょう。

2.動画の15秒から先は見てもらえない可能性が高い

Instagram ストーリーズでは、画像広告は公式ヘルプによると最長5秒間表示され、動画広告では長さが15秒以下の場合は全編が自動再生されます。

動画が15秒を超える場合は、15秒単位で1個から3個に分割されます。こちらも公式ヘルプページによると、1個から3個が表示された後、ユーザーには「このまま見る」という表示が出ます。これがタップされた場合には、動画の続きを見せることができます。

先ほどと被りますが、Instagram 広告の動画では1シーン目でユーザーの気持ちを引き付ける必要があり、その後で端的に重要なメッセージを15秒以内に詰め込みましょう。残りの伝えきれないことはリンク先ページで伝えていきます。

動画の分割数は、ユーザーの傾向に合わせて調整されます。また分割されるといっても連続的に再生されるため、視聴者として違和感を覚えることはありません。

参考:Facebook広告ガイド|Facebook for Business

3.背景色を設定する

ストーリーズはフルスクリーンで表示される広告形式なので、それに対応したアスペクト比が9:16でないと上下に余白ができます。その余白部分に表示される色は指定することができます。バナーの色やブランドカラーなどを設定すると、洗練された印象になり効果的です。

設定方法は、広告マネージャの広告タブから、該当の広告にチェックを入れて「編集」をクリック。そこから「編集する配置を選択」で「ストーリーズ」を選択します。すると以下の画面に切り替わり設定できるようになります。画面右側にプレビューが表示されるので、確認しながら適切なものを選びましょう。

Facebook 広告マネージャ:広告 > 該当項目にチェックを入れ、編集 > 編集する配置を選択 > ストーリーズ

テキスト要素

ビジュアル要素の次は、テキスト要素です。Facebook 広告では「メインテキスト」と呼ばれる本文の他に、画像や動画を短い文章で補足する「見出し」やそのリンク先の一部を表示できる「説明」があります。

しかし、Instagram はビジュアル重視の SNS であるため、先述の3つのうち、画像や動画の下部に記載される本文「メインテキスト」しか使用できません。Instagram 広告のメインテキストでは2つのおさえておきたいポイントがあります。

1.最初の数行から先は省略される

Instagram フィードとストーリーズでは異なる部分があるのでそれぞれ分けて説明します。

Instagram フィード

まずフィードでは、メインテキストの2行目以降は省略されます。それ以上のテキストも設定できますが、途中から「続きを読む」という表示で省略されてしまいます。

「続きを読む」という部分をタップしてもらえれば、ユーザーに全文を見せることが可能です。これは仕様なので変更することはできません。

見やすさを意識しすぎて、冒頭で改行や空行などの不要なスペースを使うことは避けたほうが良いでしょう。表示される文字数がさらに減ってしまい、クリック率が下がる危険があります。

こちらの公式ヘルプにある通り、ストーリーズだけでなく Instagram ではデバイス本体で設定している文字サイズに連動して、表示する文字サイズを調整しています。その結果、1行に何文字表示させるかは変わってきます。

以下は、実際に iPhone X でデバイス本体の文字サイズを変更してから、広告を表示した例です。

どの文字サイズに最適化するかあまり気にする必要はありませんが、小さな文字は見づらいということでデバイス本体の文字サイズを大きくしている方もいます。そういった方のデバイスでは、表示できる文字数が想定よりも少ない可能性があります。

Instagramストーリーズ

フルスクリーンでの広告表示になるので、フィードよりもやや多めの6行までメインテキストは表示されます。

行数以外にもフィードと異なる点があります。媒体公式ヘルプなどに記載はありませんが、ストーリーズではメインテキストの文字サイズ調整はおこなわれず、文字数は固定のようです。

デバイス本体の文字サイズに連動してサイズが変わるのは、Instagram アカウントの名前とアクションボタンのみです。メインテキストの文字数について調査したところ、全角115文字(半角230文字)までは省略されずに表示されるようです。

より詳しく言うと、1行あたり全角20文字(半角40文字)が5行あって、6行目つまり最後の1行だけは「続きを読む」という5文字が入るので全角15文字(半角30文字)です。

2.絵文字やハッシュタグも使える

メインテキストでは絵文字やハッシュタグも使用することができます。ハッシュタグを使うとリンク先ページ以外の遷移を認めることになるため、パフォーマンスの悪化を懸念されるかもしれませんが、実際にハッシュタグを使って配信していて、そのような悪影響はなさそうです。

そして、オーガニック同様に、1つの投稿に使用できるタグは最大30個です。31個以上入れてしまう投稿自体ができません。

その他の構成要素

ビジュアル要素やテキスト要素のほかに、広告クリエイティブとして表示されるものについて補足します。

Instagramアカウントの名前

広告主として表示されるのが Instagram アカウント名であり、その名前はユーザーアカウントの企業版と考えてもらえれば良いでしょう。

Instagram でのオーガニック投稿が見れなくなるので推奨ではないですが、Instagram アカウントがない場合には、Facebook ページで代替することも可能です。

Instagram ページ名にまつわる疑問としてよく挙がるのが、社名と商品・サービス名のどちらにするか問題です。これは認知度に応じて選ぶと良いでしょう。

ターゲットとする人にあまり認知されていない企業において、コンバージョンの獲得を目的とするのであれば、商品やサービスの名前にしたほうが費用対効果は上がるでしょう。

というのも、コンバージョンを目的とするのであれば、商品やサービスを気に入って購入してもらうことが広告としてのゴールであり、お客様に企業名を覚えてもらう必要はないですよね。

対して、一般認知されている企業では、社名を強く打ち出すと効果的です。有名企業の公式アカウントという要素だけで、認知度の低い競合他社よりもクリック率が高くなる傾向があります。

Instagramアカウントのアイコン

アイコンはアカウント名と並び、投稿主を表す重要コンテンツです。一部がくり抜かれたり全体がかなり小さく表示されるので、横長よりも正方形のものを選ぶと視認性は上がります。

また、基本的に3文字以上の文言が入っているロゴなどはパッと見でわからないでしょう。道路標識のように、図形でわかりやすいものが好ましいです。そして、丸くくり抜かれて表示されるので、四角いロゴだと四隅がカットされてしまう可能性があります。

アクションボタン

アクションボタン(別名:コールトゥアクションボタン)とは、広告を見てくれたユーザーを見るだけで終わらせずに、次の行動に繋げるためのボタンのことです。

こちらのボタンがなくても、広告をタップしてもらえればリンク先ページに遷移できますが、費用対効果を上げるために設定すべきです。以下に設定できるものをまとめました。

分類設定項目
汎用性が高い詳しくはこちら、購入する、予約する、登録する、申し込む、見積もり、お問い合わせ、ダウンロード
使用用途が限定的寄付する、予約リクエスト、メニューを見る、クーポンを入手、上映時間を表示、音楽を聴く、他の動画を見る、ゲームをプレイ、フォローする、WhatsApp メッセージを送信

設定しているコンバージョンに合わせて最適なものを選ぶことで、クリック率やコンバージョン率を上げることができます。

たとえば、物販や EC サイトであれば「購入する」がおすすめです。B to B ビジネスでホワイトペーパーのダウンロード数増加を狙うのであれば「ダウンロード」が良いでしょう。迷ってしまったら「詳しくはこちら」を設定しましょう。

アクションボタンはハードルを上げ過ぎないようにすることが重要です。

たとえば、超高額商品などで販売数の増加を狙うあまり欲張って「購入する」にしてしまうと、ユーザーの心理としては「興味はあるけれど、このボタンを押すことで購入することになってしまうなら押さないでおこう」と思われて、機会損失を起こすでしょう。

こういったときには、少しハードルを下げて「詳しくはこちら」にすることで、クリック率を上げることができます。広告で訴求できることには限りがあるので、まずはリンク先ページに遷移させることを考えましょう。

Instagramで成果を出すための4つのチェックポイント

ここまでで Instagram の広告クリエイティブに関する仕様を確認しました。ここからは成果を出すためにやることを4つのチェックポイントにわけて紹介します。

1.配置ごとに広告を作成せずに1つにまとめる

Instagram フィードとストーリーズの両方で広告クリエイティブを用意した場合の設定方法ですが、それぞれの配置で広告を作成する必要はありません。1つの広告にまとめて設定することができます。

まず Instagram フィードに合わせた広告を1つ作成します。広告マネージャの画面左上にある「+作成」という緑のボタンから可能です。

Facebook 広告マネージャ:+作成

その後、先ほど作成したその広告にチェックを入れて「編集」をクリックします。「編集する配置を選択」を選び、画面の指示に従って設定しましょう。これで1つの広告でフィードとストーリーズそれぞれで最適化したクリエイティブを配信できます。

Facebook 広告マネージャ:広告 > 該当項目にチェックを入れ、編集 > 編集する配置を選択

広告を1つにまとめることのメリットは、管理工数の削減と成果をあげやすくするためです。機械学習に使われるデータが1つにまとめて蓄積されるため、通常よりも学習期間が短く済みます。

2.実際にスマホで確認してブラッシュアップする

広告を作ったら実際にどんな広告になったのか確認しましょう。というのも、広告マネージャで確認できるプレビュー表示と、実際の画面で表示されるものでは文字数が異なっているからです。

ここからは確認の方法をご紹介します。前提として Instagram 広告はスマートフォンにしか表示されないので、広告を確認するときはスマートフォンでおこなうのが良いでしょう。

広告マネージャを開き該当の広告にチェックを入れて「プレビュー」をクリックします。以下のキャプチャのようにポップアップが表示されるので、「広告プレビュー」という文言の右隣にある矢印マークから「リンクをシェア」をクリックしてください。

Facebook 広告マネージャ:プレビュー > リンクをシェア

そこで表示される URL を、Facebook にログインしているデバイスでタップしてください。その後、Facebook で出てくる「フィードで表示する」をタップして承認します。

そして次に Instagram を立ち上げて、フィードを再読み込みすると最初に出てくる広告枠に広告のデモが表示されます。

中間の Facebook での承認作業がやや面倒ですが、このステップは必要です。「リンクをシェア」ではなく、「投稿を見る」で「Instagram投稿(コメント付き)」という選択肢もありますが、これはパソコンでしか確認できないので、実際の広告を確認するという本来の目的は果たせません。

なお、こちらのデモは最大1週間で自動的に消えるようになっています。デモ表示では課金されないので安心してください。

3.審査が通ったか最終チェックする

あらゆる部分に配慮して広告を作ったとしても、思わぬところで審査が通らないことがあります。広告を入稿したら数時間から1日ぐらいの時間をおいて審査状況を確認しましょう。広告の審査状況は「アカウントのクオリティ」という画面から確認できます。

Facebook 広告マネージャ:アカウントのクオリティ

広告審査の結果待ちのものがないか確認したいときは「審査中」タブから確認できます。審査落ちしてしまったものがないか確認したいときは「再審査が可能な広告」タブで「却下された広告」がないかチェックしてください。

4.配信結果を配置別に確認して改善する

配信を始めたら、その結果を確認してみましょう。広告マネージャを開いたら、画面右側にある「内訳」をクリックして「配置」を選びます。

各配置でのパフォーマンスが確認できるので、全体的に好調かどうかを確認して、必要に応じて改善アクションをおこないましょう。

Facebook 広告マネージャ:内訳 > 配置

ある程度、広告が配信されると表示回数に偏りが出てきます。これは機械学習によるもので、そのキャンペーン・広告セットでの成果が最大化されるように最適化されていった結果です。なお、配置毎の表示量をコントロールすることは仕様上できなくなっています。

ユーザー目線で広告クリエイティブを確認しましょう

Instagram 広告では Facebook と比べて表示できるテキストが少ないため、よりビジュアルによって成果が左右されやすいです。

広告配信してみてイマイチ成果が上がらないときには、ビジュアル要素を中心に広告クリエイティブを再考してみましょう。ユーザー目線で確認してみると、意外と見落としていたことが見えてくるかもしれません。

メールアドレスをご登録いただきますと、ブログの更新情報などをお届けいたします。

メールアドレスをご登録いただきますと、ブログの更新情報などをお届けいたします。
「わかりにくいこと」を「わかりやすく」をモットーに、すべての記事を実際に広告運用に関わるメンバー自身が執筆しています。ぜひ無料のメールマガジンに登録して更新情報を見逃さないようにしてください!

メールマガジンの登録はこちら

この記事を書いた人

瀬畑 輝

瀬畑 輝

広告事業部 マネージャー

2016年4月に新卒入社。入社10カ月で代表滝井直属の広告運用チームに異動。 入札調整や広告文作成から、サイト改善提案まで代表から直接指導を受ける。 toB/toC比率は半々で、アプリ広告も担当。特に好きな媒体はFacebook広告。 海外旅行が好きで、アメリカ横断経験あり。趣味は服映画ヨガアート猫もろもろ。

こんな記事も読まれています

pagetop