Yahoo! 広告

YDAでキャンペーンや広告単位での広告配信オン/オフが予約可能に!定期的なスケジュール設定にも対応

2021年6月7日(月)に、YDA(Yahoo!ディスプレイ広告(運用型))で「自動運用ルール機能」が実装されました。これは、キャンペーンや広告グループ、広告単位で、配信のオン/オフ切り替えが予約できるようになる機能です。

この記事では、自動運用ルール機能のリリース情報について整理し、具体的にどんなことができるのか、どんな場面で便利な機能なのかを解説します。

自動運用ルール機能とは

Yahooのリリース情報では、「設定した運用ルールに基づいて広告運用を定期的に自動実行する機能」と説明されています。

【ディスプレイ広告】 自動運用ルール機能の提供開始について – Yahoo!広告

English translation ##対象サービス Yahoo!広告 ディスプレイ広告 ##実施日(予定) 2021年6月7日(月) ※日程は変更になる場合があります ##概要 ディスプレイ広告…

広告配信のオンオフを切り替える機能が実装され、設定できる単位は、キャンペーン・広告グループ・広告です。日付・曜日・時刻を指定できるようにもなっています。

たとえば、お正月の1月1日~1月3日の間だけ配信したい広告があるとします。この広告を配信オフで作成しておき、「正月用の広告を1月1日0時にオンにする」というルールと、「正月用の広告を1月3日23時59分にオフにする」というルールを設定しておくことで、正月用の広告が1月1日~1月3日に自動的に配信され、自動的に停止します。

設定方法

自動運用ルール機能は YDA の管理画面から設定できます。ここからは設定方法を説明します。まず、「ツール」の「自動運用ルール機能」を選択します。

YDA 管理画面 > 自動運用ルール

「+自動運用ルールを作成」をクリックし、設定画面に移動します。

YDA 管理画面 > 自動運用ルール > +自動運用ルールを作成

設定画面では、以下の5つの項目を設定します。

  • ルール名
    • 任意のルール名を設定
  • 自動実行
    • 自動実行のオンオフ設定(すぐに実行したくない場合はオフにする)
  • 実行する内容
    • 「配信設定をオンにする」か「配信設定をオフにする」を選択
  • 関連付け設定
    • ルールを実行する対象(キャンペーン/広告グループ/広告)を選択
    • 名前での絞り込みが可能
      ルールを適用したいものに共通の名前を付けておくと設定が楽になる
  • 実行頻度
    • 頻度とタイミングの設定
      • 頻度は、「一度のみ」「毎日」「毎週(指定曜日)」「毎月(指定日)」から選択
      • タイミングは、実行する日にちや曜日、時間を指定
        • 15分単位で選択が可能。選択肢は「00分」「15分」「30分」「45分」の4つ
YDA 管理画面 > 自動運用ルール > +自動運用ルールを作成

最後に「作成」をクリックすれば、ルールの作成が完了します。自動実行をオフにして作る場合は、必要なタイミングでオンにするのを忘れずおこないましょう。

特定の期間だけ配信する広告の切り替えが楽に!

この機能を活用すると、「この期間だけこの広告を配信したい」という場面で作業が楽になります。よりイメージしやすいように、どんな時に役に立つのかを具体的な例をあげて説明してみます。

キャンペーン用の広告の手動切り替え作業がいらなくなる

毎月15日に10%オフのキャンペーンをおこなっており、その日専用の広告クリエイティブを配信するために、15日用のキャンペーンを作成して通常キャンペーンとのオンオフ切り替えを手動でおこなっているとします。

自動運用ルール機能を使うと、毎月15日0時に15日用のキャンペーンが自動でオンになり、通常キャンペーンが自動でオフになるように設定できます。

また、毎月16日0時には15日用のキャンペーンがオフに、通常キャンペーンがオンになるようにもできます。毎月実行されるルールとして一度設定しておけば、それ以降は手動での作業が不要になるので、工数が削減できることに加えて、作業ミスや切り替え忘れの心配がなくなります。

営業日ではない日でも広告切り替えができる

「1月1日~3日には正月用の広告だけを配信したい」などの場合にも有効です。今までは、休み中に自動で切り替わるようにするには、正月用広告のキャンペーンを新しく作成し、開始日・終了日や曜日のスケジュール設定をすることで対応可能でした。

ただしこの場合、キャンペーンを追加で作成する手間や、既存のキャンペーンが1日~3日の間停止状態になり、自動入札の学習に悪い影響を与えるかもしれないというデメリットがありました。

自動運用ルール機能を使うと、正月用の広告のために新たにキャンペーンを作成する必要がなくなります。既存のキャンペーン内に正月用の広告を作成し、自動運用ルール機能で正月用の広告が1月1日にオンに、それ以外の広告がオフになるように設定すれば、キャンペーンを分けることも停止することもなく正月用の広告だけを配信することができます。

特定の曜日だけ配信する広告が簡単に設定できる

また「毎週土日にセールをするからセール用の広告を追加で配信したい」と考えているとします。既存の機能で土日限定だけ特定の広告を配信する場合、それ専用のキャンペーンを作成し、スケジュール設定で土日のみに配信されるようにするという複雑な準備が必要でした。

自動運用ルール機能を使うと、土日だけ配信する広告も簡単に設定することができます。既存のキャンペーン内に土日用の広告を作成し、「毎週土曜0時にオン、毎週日曜23時59分にオフ」というルールを一度設定しておけば、毎週自動で土日用の広告が土日のみに配信されます。

今後も機能追加に期待

キャンペーン用の広告の切り替えなどに苦労していた人には、とてもありがたい機能ですね。また、今回の機能が「自動オンオフ機能」ではなく「自動運用ルール機能」として実装されたところを見ると、今後もオンオフ以外を自動運用してくれる機能が追加されていくことが期待されます。

自動で変更される機能を使うことで、人の手による作業が少なくなり、ミスの防止にもつながりますので、積極的に導入してみましょう。

メールアドレスをご登録いただきますと、ブログの更新情報などをお届けいたします。

メールアドレスをご登録いただきますと、ブログの更新情報などをお届けいたします。
「わかりにくいこと」を「わかりやすく」をモットーに、すべての記事を実際に広告運用に関わるメンバー自身が執筆しています。ぜひ無料のメールマガジンに登録して更新情報を見逃さないようにしてください!

メールマガジンの登録はこちら

この記事を書いた人

志村

志村

広告事業部 マネージャー

2015年4月に新卒として入社。2019年にマネージャーに昇格。広告運用の仕事をメインに、現在はサイト改善提案やブログ執筆にも力を入れている。数値をもとにしたサイト改善提案が得意。趣味は動画を見ること、ゲームをすること。

こんな記事も読まれています

pagetop