Facebook広告ポリシーを徹底解説。審査落ちになった場合の対処手順まとめ

Google や Yahoo! と同様に Facebook 広告にも配信に際してのポリシーがあり、どのような広告の配信が認められるかが定められています。

配信しようとした広告が Facebook 広告のポリシーに違反していると判断されるとその広告は「不承認」となり、審査落ちしてしまいます。他媒体とは異なり、Facebook 広告の種類(配信メニュー)ごとの独自のポリシーもあります。

今回は Facebook 広告ポリシーの概要と、どのような広告が審査落ちするのか、実際に審査落ちしてしまった際の対処法をご紹介します。記事内で Facebook 広告のポリシーについて公式ヘルプページをもとに詳細をわかりやすくまとめました。

ちなみに Instagram で広告を配信する場合も、Facebook 広告と同じ審査基準で広告配信をします。記事内の「Facebook 広告」で紹介する審査基準や注意点は Instagram 広告も含むものとします。

Facebook 広告の審査とは

Facebook 広告の管理画面から広告を作成し、公開ボタンを押すと Facebook の広告ポリシーに即しているかの審査が自動的に開始されます。

この審査で、Facebook 広告のポリシーに反していると判断されると広告が却下されます。ポリシー違反の判定がいわゆる審査落ちということです。却下された広告(=審査落ちした広告)は配信することができません。

Facebook 広告マネージャ:却下された広告

ほとんどの場合、広告を公開してから24時間以内に審査が完了しますが、場合によってはさらに時間がかかることもあります。

審査の対象は以下のとおりです。広告文だけが審査の対象ではないため、それに連動するランディングページや広告の配置にも注意するようにしましょう。

  • 広告の画像
  • テキスト
  • ターゲット設定
  • 広告の配置
  • 広告のランディングページのコンテンツ

ポリシー違反と判断されると広告配信ができない

審査の結果、ポリシーに違反していると判断されるとその広告は配信されません。ポリシー違反と判断されても、該当すると思われる箇所を修正して再審査をおこない、問題がなければ配信できるようになります。

基本的にはポリシー違反箇所を修正して、再審査をおこなえば問題なく配信ができる場合がほとんどです。

ただしポリシー違反の内容次第では、Facebook ページや広告アカウントに対して下記のような処罰がなされる可能性があると記載されています。

  • 関連する Facebook ページの停止
  • 既存の広告の停止
  • 新たに広告を掲載する機能の制限
  • Facebook ページを統合する機能の制限
  • 意見広告、選挙広告または政治広告を掲載するための認証の撤回

念のため広告のポリシーについては、あらかじめ大枠を理解しておくといいでしょう。

Facebook 広告のポリシー概要

Facebook 広告のポリシーでは、主に「禁止されているコンテンツ」と「制限コンテンツ」の2つが定められています。

「禁止されているコンテンツ」とは、これに該当する広告すべての配信が禁止されており広告配信することができません。

一方「制限コンテンツ」とは、配信可能な条件に制限があり、その制限をクリアしている広告のみが配信可能となります。

また、広告内に Facebook または Instagram のロゴなどを使用する場合は、ブランドガイドラインに沿った範囲で使用が許可されています。

この他に別途、動画広告に関してのポリシーやリード獲得広告のポリシーのように、広告の種類によるポリシーも定められています。

ここからは禁止されているコンテンツ、制限コンテンツ、各広告の種類によってのポリシーを紹介いたします。

禁止されているコンテンツ

2021年3月時点で、31の項目が定められています。これに該当する広告は、そもそも Facebook 広告で配信することが禁止されています。以下の表は Facebook 広告の禁止コンテンツを分かりやすくまとめたものになっています。公式ヘルプページはこちらをご覧ください。

禁止されているコンテンツ詳細
コミュニティ規定Facebook/Instagram のコミュニティ規定に遵守
Facebook のコミュニティ規定
Instagram のコミュニティ規定
違法な製品やサービス違法な製品やサービス、アクティビティの販促や宣伝の禁止
さらに未成年者への広告は、不適切なものや危険、搾取に繋がるもの、誤解を招くものなども禁止
差別的な行為人種、宗教、性別、性的指向、障がいなどの差別や、差別の助長は禁止
タバコおよび関連製品タバコ製品や関連器具の販売や宣伝の禁止
電子タバコ、ヴェポライザー、喫煙を模した製品の宣伝も禁止
薬物や薬物関連商品違法薬物、処方薬、娯楽のための麻薬などの販売や宣伝の禁止
危険な栄養補助食品Facebook が独自の裁量で危険と判断するサプリメントの販売や宣伝の禁止
武器、弾薬、爆発物武器や弾薬、爆発物の販売や宣伝の禁止
武器改造のための付属品などの広告も禁止
成人向け製品やサービス成人向け製品やサービスの販売や宣伝の禁止
避妊や妊娠などに関するサービスを宣伝する場合は、18歳未満をターゲティングすることを禁止
成人向けコンテンツヌードや過度な露出などの画像を使用した広告は禁止
腹部、臀部、胸部など体の部位に焦点を当てた画像も、本来性的な意味合いがなくても禁止
性的に表現する目的で広告を配信することは禁止
第三者の権利侵害第三者の著作権、商標、プライバシー権、パブリシティ権などを侵害するような広告は禁止
扇情的なコンテンツ暴力的な表現や生々しい、痛々しい表現を用いた広告は禁止
個人的特質人種や宗教、年齢、名前などの個人的特質に対して訴求するような広告は禁止
個人ではなく商品、サービスを訴求する表現を用いる必要がある
偽情報Facebook が連携する第三者のファクトチェッカー(情報の真偽を調査する団体)や、特定の専門的な組織(世界保健機関など)によって虚偽であると証明された主張を含む広告は禁止
賛否両論のコンテンツ災害や政治的、社会的問題を取り上げる広告は禁止
機能しないランディングページ機能しないランディングページ、利用者をページから離れられなくするランディングページを広告に設定することは禁止
エラーページ、PDF ファイルや JPEG ファイルからなるページなどが該当
不正行為および詐欺行為利用者が不正行為や詐欺行為を行うことを可能にするように設計された製品やサービスの宣伝は禁止
盗撮用の製品や、無料の商品と引換えにレビューを提供するサービスも該当
文法と汚い言葉不適切な表現、文法や句読法の誤りがある広告は禁止
存在しない機能広告に存在しない機能を描写した画像を含めてはいけない
個人の健康使用前と使用後を比較した画像や、ありえない結果を含む画像は禁止
ネガティブな自己評価を表現したダイエットや健康関連商品の広告は禁止
給料日ローン、給料前のキャッシング、保釈保証サービス次の給料日までの出費をまかなう、給料日ローン、給料前のキャッシング、保釈保証サービスなどの短期ローンの宣伝は禁止
※短期ローンとは90日以下のローンのこと
マルチ商法「今すぐ高収入」など手早く報酬を受けられるとうたう広告は禁止
収入の機会を宣伝する広告では商品やビジネスモデルを十分に説明する必要がある
ペニーオークションペニーオークション(入札ごとの手数料がかかるオークション)や類似のビジネスモデルの禁止
誤解を招くような主張商品やサービスの効果や特性に関して、虚偽の内容、誤解を招く内容が含まれる広告は禁止
誇張した表現で非現実的な期待を抱かせるような広告が該当
低品質または邪魔なコンテンツ低品質な内容や利用者にとって邪魔なコンテンツを含むサイトに誘導する広告は禁止
利用者の意志とは関係なく広告へのリアクションを扇動する内容などが該当
スパイウェアやマルウェアスパイウェア、マルウェアなどのソフトウェアを含めた広告は禁止
このような製品を含むサイトへのリンクも該当
自動アニメーション操作しなくても自動的に再生されたりクリックした後に拡大表示される音声やフラッシュ画像の使用は禁止
許容されないビジネス慣行詐欺的または誤解を招く手法で、金銭や個人情報をだまし取ろうとする広告は禁止
迂回システム広告審査プロセスなどを迂回することは禁止
広告コンテンツやリンク先ページの隠蔽も該当
禁止されている金融商品や金融サービス誤解を招く宣伝や詐欺的な宣伝と結びつけられることが多い金融商品、サービスの広告は禁止
仮想通貨による資金調達などが該当
人体の一部の販売人体の一部や体液の販売・宣伝は禁止
反ワクチン運動ワクチン接種を抑止したり反対したりする広告は禁止

すこし分かりづらいものもあるかとは思うので、具体的な審査落ちの例をご紹介します。

ポリシー項目審査落ち理由の例訂正内容例
存在しない機能広告の画像内に、クリックできるようなボタンを模したデザインを含んでいる実際に機能しないボタンなどのデザインは削除する
迂回システムアクセスするとリダイレクトされる URL を設定リダイレクトされない URL に変更

制限コンテンツ

広告配信をするにあたり条件が定められており、その条件をクリアしている場合のみ広告配信ができます。以下の表は Facebook 広告の制限コンテンツを分かりやすくまとめたものになっています。公式ヘルプページはこちらをご覧ください。

制限コンテンツ詳細
アルコールアルコール飲料の広告は、配信する国で定められている法律や規定に準拠する必要がある
日本で広告を配信する場合は、20歳未満をターゲットに設定することは不可
デートFacebook から書面による許可を得ている場合にのみ掲載できる
オンラインギャンブルおよびオンラインゲーム現金や仮想通貨などが必要なオンラインギャンブルやオンラインゲームの広告、報酬に金銭的価値のあるものが含まれる広告は、Facebook から書面による許可を得ている場合にのみ掲載できる
また、18歳未満をターゲットに設定することは不可
オンライン薬局処方薬の販売を宣伝する広告は禁止
薬局の広告は、Facebook から書面による許可を得た場合にのみ認められる
市販薬の宣伝配信する国で定められている法律や規定に準拠する必要がある
規定に反する年齢のターゲティングは不可
購読サービス購読サービスや、無料から有料に切り替わるものなどが含まれる商品やサービスの宣伝には、Facebook の購読サービス要件を満たす必要がある
金融商品や金融サービスと保険商品や保険サービスクレジットカードの申し込みや認定機関による金融サービスを宣伝する広告では、広告のランディングページ内に金利手数料、取引手数料、利率などの関連手数料や商品を提供する機関の住所を明示する必要がある
クレジットカード、ローン、保険サービスを宣伝する広告は、18歳未満をターゲットにすることは不可
また、クレジットカード情報の入力を求めることは不可
ブランドコンテンツブランドコンテンツツールを使用して、関連する製品、ブランド、ビジネスパートナーをタグ付けする必要がある
詳しくはこちら
社会問題、選挙、または政治に関する広告社会問題や選挙、政治に関連する広告は法律を遵守し、Facebook が定める認証プロセスに沿っている場合に限り掲載できる
詳しくはこちら
暗号通貨に関連する商品やサービス暗号通貨の取引や関連する商品、サービスの広告は、事前に書面による許可が必要(許可に必要な要件について
薬物およびアルコール依存症の治療米国をターゲットとする依存症治療の広告は、LegitScript(オンライン薬局を対象とした監視機関)の認証を取得したうえで、Facebook に申請して出稿許可を受ける必要がある
美容処置およびダイエット美容整形や美容処置、減量に関連する広告は、18歳未満の人をターゲットに設定することは不可
ソーシャルカジノゲーム金銭的価値のあるものを獲得しないオンラインカジノゲームの宣伝広告は、18歳未満の人をターゲットに設定することは不可

以下は制限コンテンツに該当する具体的な審査落ちの例です。訂正内容の例とともにご確認ください。

ポリシー項目審査落ち理由の例訂正内容の例
アルコールお酒の広告を、全年齢をターゲティングした設定で配信しようとした年齢のターゲティング設定を、18歳以上に設定
金融商品や金融サービスと保険商品や保険サービス金融関連の教育機関の広告だが、金融サービスと間違われたサポートセンターへ、金融サービスではなく教育機関であることを報告して再審査をしてもらった

広告の種類によるポリシー

動画広告とリード獲得広告には、別途ポリシーが定められています。新しくこれらの広告配信を始める際には一度確認をしておきましょう。

動画広告のポリシー

動画広告を配信する際には、下記のポリシーに準拠している必要があります。

動画広告のポリシー詳細
邪魔なコンテンツ画面の点滅など、過度に利用者の妨げになるような手段を用いることは禁止
娯楽に関する制限成人を対象にした映画の予告映像、テレビ番組、ビデオゲームの予告映像、その他同様のコンテンツは、Facebook からの書面による事前許可がある場合にのみ配信可能
広告のターゲット層は、18歳以上のみ配信可能
また次のようなコンテンツの過剰な描写は禁止
・薬物やアルコールの摂取
・成人向けコンテンツ
・不適切な表現
・暴力や残虐な内容

リード獲得広告のポリシー

リード獲得広告とは、Facebook 広告上で入力フォームを表示させてメールアドレスなどのリード情報を獲得できる広告です。

リード獲得広告で表示させる入力フォームには任意の質問を設定することができますが、下記の情報は収集することが禁止されています。

リード獲得広告のポリシー詳細
アカウント番号フリークエントフライヤー番号、ポイントカードの番号、ケーブルテレビや電話のアカウント番号
犯罪歴犯罪歴や逮捕歴に関する情報の共有
財務情報銀行口座番号、銀行の支店コード、クレジットカードやデビットカードの番号、信用度の得点、収入、純資産額や負債額などの金融情報
公的な本人確認書類社会保障番号、パスポート番号、免許証番号など、公的な本人確認書類
健康情報身体的な健康状態、精神的な健康状態、治療、病気の状態、障害などの健康情報
保険の情報現在の保険証券番号などの保険情報
政治観支持政党に関する情報
人種や民族人種や民族に関する情報
宗教・信仰宗教や哲学的信条に関する情報
性的指向個人の性的指向に関する情報や、恋愛対象の性別などの性生活に関する情報
定型の質問定型の質問を使用してリクエストできるのと同じまたは実質的に類似した情報をリクエストすること
労働組合への参加状況労働組合への参加状況に関する情報
ユーザーネームやパスワードユーザーネームやパスワードに関する情報
子どもの生年月日子どもの生年月日に関する情報

ここで紹介したリード獲得広告の詳細については以下の記事で解説しています。

Facebookリード獲得広告の「質」を高める3つの対策

コンバージョン率6.4倍、獲得単価10分の1になったFacebookのリード獲得広告。事例をもとに向き不向きや良質なリードにつなげるための3つの対策をまとめました。

広告画像内のテキストは”20%以内”という規制がなくなった

過去には広告画像内のテキスト量が20%未満でなければいけないという制限があり、テキスト量が20%を超えた画像を使用した広告は審査落ち、あるいは配信量の制限がありましたが、現在この制限はなくなっています。

Facebook 側から大々的にアナウンスがあったわけではないので、制限があったことは知っていても、その制限が無くなったことを知らない方も多いのではないでしょうか。ただし、依然として画像内のテキスト量は20%未満に抑えることが推奨されています。

広告画像内のテキスト量の制限は撤廃されました。テキストオーバーレイツールはご利用いただけなくなりました。(中略)画像内のテキストを20%未満に抑えると、パフォーマンスが高くなることがわかっています。これを踏まえ、メッセージが効果的に伝わるように明確で簡潔な短いテキストを使うことをおすすめします。

引用元:広告画像のテキストについて|FACEBOOK for Business

審査落ちした際の対処手順

ここからは、実際に広告が審査落ちした際の対応について説明します。審査落ちした場合は、該当の広告を確認した後に、広告の修正と再申請をおこないます。

審査落ちした広告を確認する

審査落ちした広告は、広告マネージャかメールで確認することができます。筆者は広告管理画面を見ていることが多く、確認方法も簡単なので、広告マネージャから確認することが多いです。

それぞれ確認方法を紹介するので、やりやすい方法で確認しましょう。

広告マネージャから確認

広告マネージャでは、「広告」のパフォーマンスが確認できる画面の「配信」の項目で確認できます。通常配信中の広告であればこの項目が「アクティブ」となっていますが、審査落ちした広告は「却下」と表示されます。

Facebook 広告マネージャ:却下された広告

もしくは「アカウントのクオリティ」でも確認することができます。「アカウントのクオリティ」は広告マネージャの左側にあるメニューからからアクセスできます。

広告マネージャ > アカウントのクオリティ

審査落ちしている広告と、審査落ち理由となる違反ポリシーの項目を確認することができます。

広告マネージャ > アカウントのクオリティ

メールで確認

審査落ちが発生すると広告アカウントに登録しているメールアドレスに、下記のようなメールが届くので、このメールで審査落ちを確認することもできます。

メールからの確認

ポリシー違反に該当している箇所が確認できたら広告を修正しましょう。しかし、中にはなぜ審査落ちしたのか、広告のどこがポリシー違反にあたるのかが不明なこともあります。その場合は、ヘルプセンターに審査落ち理由を問い合わせてみましょう。

審査落ちの理由が不明の場合はヘルプセンターに問い合わせる

Facebook のビジネスヘルプセンターでは、チャット(Facebook の Messenger )で直接問い合わせることができます。

こちらから Facebook のビジネスヘルプセンターへアクセスして、ページ内の「さらにヘルプが必要な場合」の「スタートガイド」をクリックしましょう。

Facebook ビジネスヘルプセンター > さらにヘルプが必要な場合 > スタートガイド

次に問題が起きている広告アカウントを選択します。

Facebook ビジネスヘルプセンター > アセットの選択

ヘルプをしたい問題が選択できるので、「広告が却下された」、あるいは該当する問題を選択します。

Facebook ビジネスヘルプセンター > アセットの選択 > 広告が却下された

連絡の取れるメールアドレスと電話番号を入力して、「この調査に役立つ情報があればお知らせください」の項目には、問い合わせしたい内容を記載しておくとスムーズにサポートが受けられます。

入力が完了して「チャットを開始」を押すと、Facebook の Messenger が開き、チャットが開始されます。サポート担当の方が直接対応してくれるので、サポートを受けたい内容を問い合わせます。

Facebook ビジネスヘルプセンター > アセットの選択 > 広告が却下された > チャットを開始

審査落ちした広告の再審査をおこなう

審査落ちした広告は、ポリシー違反に該当する箇所を修正した内容で編集をおこない、再度公開します。再度公開することで自動的に再審査が開始します。審査が承認されればそのまま広告配信となります。

また、ポリシーを確認して不承認の判断が誤っている(どこもポリシーに違反していない)と思われる場合には、「アカウントのクオリティ」から再審査のリクエストをすることができます。

アカウントのクオリティ

Facebook 広告ポリシーを理解して、準拠した広告作成を!

Google 広告や Yahoo!広告などの他媒体とは違うポリシーが定められていたり、商材によってはそもそも Facebook 広告では配信できないものもあるので、Facebook 広告で広告を配信する際にはしっかりとポリシーを確認した上で広告配信の準備をおこないましょう。

ヘルプページに記載させているポリシーは、複雑でわかりにくいものもあるので、困ったときにはヘルプセンターを利用することをおすすめします。

筆者は経験したことがありませんが、場合によっては Facebook ページの停止などの処罰があることも公式で言及されているので、しっかりとポリシーに準拠した広告の作成を心がけましょう。

メールアドレスをご登録いただきますと、ブログの更新情報などをお届けいたします。

メールアドレスをご登録いただきますと、ブログの更新情報などをお届けいたします。
「わかりにくいこと」を「わかりやすく」をモットーに、すべての記事を実際に広告運用に関わるメンバー自身が執筆しています。ぜひ無料のメールマガジンに登録して更新情報を見逃さないようにしてください!

メールマガジンの登録はこちら

この記事を書いた人

すみ

すみ

広告運用 コンサルタント

2019年4月に新卒で入社。同年5月より広告運用チームに所属、12月以降10 社以上の広告運用を担当。広告運用やWEBマーケティングについて 日々勉強中。趣味は散歩や読書、勉強、音楽を聴くなど書ききれないほどある。特 技はひとりで遊ぶこと。

こんな記事も読まれています

pagetop