運用型広告

【2019年最新版】GTMを使った、Google、Yahoo!、Facebook、LINEの広告コンバージョン計測方法

早いもので、今年も新入社員が入社してから半年が経ちました。

私のチームの中でも、今年4月に入社した新卒のメンバーが、苦戦しながらも自分一人でできる仕事の幅を徐々に広げていっています。

さて、そんなインターネット広告代理店に入社した新入社員の方の中には、ちょっと難易度の高い計測タグの設定を、そろそろ自分一人でしなければならないという人もいるのではないでしょうか。

この記事ではそんな方の助けになるよう、主要なインターネット広告媒体のコンバージョン計測タグをGoogleタグマネージャー(以下「GTM」と呼びます)を使って設定する方法を説明します。

また、各媒体の最新のコンバージョン計測タグの全体像をまとめていますので、新入社員以外の方も活用していただければと思います。

コンバージョン計測は、ベースタグとの組み合わせで行う形が一般的に

この記事では、Google広告、Yahoo! スポンサードサーチ、Yahoo! ディスプレイネットワーク、Facebook、LINE Ads Platformのコンバージョン計測タグの設定方法を説明します。

まずは、各媒体で正確にコンバージョン計測を行うために必要な設定を表にまとめてみました。

媒体 ベースタグ イベントタグ コンバージョンタグ カスタムコンバージョン
Google 広告 × ×
ベースタグ、イベントタグの他にコンバージョンリンカーが必要
Yahoo! × ×
ベースタグはYahoo! スポンサードサーチとYahoo! ディスプレイネットワークで共通
Facebook ×
ピクセル以外のタグは必要なし、管理画面からコンバージョンを設定できる(推奨)
イベントタグでも設定できる
LINE Ads Platform ×
カスタムコンバージョンは設定できるが、管理画面にコンバージョンを反映させるためにはイベントタグの設定が必要

このように、昨今ではベースタグとの組み合わせによってコンバージョン計測を行うのが一般的になっています。

ベースタグとは

各媒体で正確にコンバージョン計測をするために必要なタグです。このタグによってITPに対応し、iPhone のデフォルトブラウザである Safari からのコンバージョンも正確に計測できるようになります。

▼ ITP についてはこちらの記事に詳しく載っています

AppleがITP 2.1導入決定。JavaScript生成cookieの保存期間が7日間へ。どう対処するかまとめた | Web担当者Forum

【Web担】Safari12.1以降のブラウザを搭載する、iOS、macOSが対象となる。ITP 2.1でどんな影響があるかまとめた。柳井氏による詳しい解説も。

ベースタグの呼称は媒体によって異なります。

  • Google広告・・・グローバルサイトタグ
  • Yahoo! プロモーション広告・・・サイトジェネラルタグ
  • Facebook広告 ・・・Facebook ピクセル
  • LINE Ads Platform ・・・ベースコード

ベースタグと組み合わせるもの

イベントタグ(Google広告、LINE Ads Platform)

Google広告と LINE Ads Platform で採用されているコンバージョン計測方法です。ベースタグの直後に発動するように設定することでコンバージョンを計測することができます。イベントタグ単体ではコンバージョン計測することはできません。

コンバージョンタグ(Yahoo! プロモーション広告)

Yahoo!プロモーション広告で採用されているコンバージョン計測方法です。このタグ単体でもコンバージョン計測はできますが、ITPに対応していないため、計測できるCVは実際のCVより少なくなります。ベースタグと一緒に設定することで、より正確にコンバージョン計測ができるようになります。

カスタムコンバージョン(Facebook広告)

Facebook広告で採用されているコンバージョン計測方法で、タグではなく、管理画面上でコンバージョン計測の設定を行います。

GTMでの設定方法

それではここからは、具体的なコンバージョン計測タグの設定方法を説明していきます。複数の広告媒体を使っている場合は、タグの管理をより簡単にするために、タグマネージャーを使ってタグを設定することをお勧めします。

タグマネージャーはいくつか種類がありますが、ここではGTMを使った設定方法を紹介します。大まかな手順は以下の通りです。

  1. アカウント・コンテナの作成
  2. サイトにGTMタグを設置
  3. トリガー(タグ発動ページ)を登録
  4. 各媒体のタグを登録
  5. タグを公開

1. アカウント・コンテナの作成

GTMを使用したことがない方は、こちらのページからアカウントを発行することができます。

GTMを使用したことがある方は、今回使用するためのコンテナを作成して、次の手順で進んでください。

2. サイトにGTMタグを設置

コンテナを作成してアクセスすると、GTMを使用するためのタグが表示されます。指示に従って、2種類のタグをサイトに設置してください。

3. トリガー(タグ発動ページ)を登録

イベントタグ・コンバージョンタグを発動させたいページの条件を登録します。左メニューで「トリガー」を選択し、右上の「新規」ボタンをクリックして新しいトリガーの作成画面に移ります。

「トリガーのタイプ」で「ページビュー」を選択し、トリガーの発生場所を「一部のページビュー」にしてコンバージョン完了ページの条件を指定し保存します。

4.各媒体のタグを登録

上の表に従って、各媒体の必要なタグを登録していきます。タグの登録は、GTMの左メニュー「タグ」の右上「新規」ボタンから行えます。

基本的に、ベースタグはサイト内の全ページで発動するように設定します。イベントタグ、コンバージョンタグはコンバージョン完了ページのみで発動するように設定します。

以上を踏まえて、各媒体のタグの登録方法を説明していきます。

①Google広告

まずはベースタグを設定します。

Google管理画面の「オーディエンスソース」で「タグを設定する」をクリックし、「Googleタグマネージャーを使用する」を選んでコンバージョンIDを取得します。GTMで新しいタグを追加し、タグタイプの選択で「Google広告のリマーケティング」を選択し、コンバージョンIDを入力します。

下の「トリガー」をクリックし、「All Pages」を選択してタグを保存します。

次にイベントタグを設定します。

Google管理画面の「コンバージョンアクション」で計測したいコンバージョンを選択します。「タグを設定する」をクリックし、「Googleタグマネージャーを使用する」を選んでコンバージョンIDとコンバージョンラベルを取得します。GTMで新しいタグを追加し、タグタイプの選択で「Google広告のコンバージョントラッキング」を選択し、コンバージョンIDとコンバージョンラベルを入力します。

下の「トリガー」をクリックし、先ほど作成したコンバージョン完了ページのトリガーを選択してタグを保存します。

最後にコンバージョンリンカーを登録します。

GTMで新しいタグを追加し、タグタイプの選択で「コンバージョンリンカー」を選択し、トリガーの設定で「All Pages」を選択します。コンバージョン計測するサイトがクロスドメインになっている場合は、「ドメイン間でのリンクの有効化」にチェックを入れてクロスドメイントラッキングしたいドメインをカンマ区切りで入力します。

これでGoogleは完了です。

②Yahoo! スポンサードサーチ、Yahoo! ディスプレイネットワーク

Yahoo! のスポンサードサーチとディスプレイネットワークはタグの登録方法が同じなのでまとめて説明します。

まずベースタグを設定します。

管理画面でアカウント設定情報に移動し、「サイトジェネラルタグを表示」をクリックしてサイトジェネラルタグを表示し、コピーします(スポンサードサーチとディスプレイネットワークのどちらの管理画面でも大丈夫です)。GTMで新しいタグを追加し、タグタイプの選択で「カスタムHTML」を選択し、コピーしたタグを貼り付けます。

「document.write をサポートする」にチェックを入れて、トリガーの設定で「All Pages」を選択します。

次にコンバージョンタグを設定します。

それぞれの管理画面の「コンバージョン測定」で計測したいコンバージョンの「タグを表示」をクリックしてタグを表示し、コピーします。GTMで新しいタグを追加し、タグタイプの選択で先ほどと同じく「カスタムHTML」を選択し、コピーしたタグを貼り付けます。「document.write をサポートする」にチェックを入れます。

下の「トリガー」をクリックし、先ほど作成したコンバージョン完了ページのトリガーを選択してタグを保存します。

これでYahoo! は完了です。

③Facebook

Facebookはベースタグのみ設定します。

管理画面の「イベントマネージャ」でピクセルの「詳細」をクリックし、左メニュー「設定」で「ピクセルをインストール」から「自分でピクセルコードをインストール」を選択してピクセルコードをコピーします。GTMで新しいタグを追加し、タグタイプの選択で「カスタムHTML」を選択し、先ほどのタグを貼り付けます。

下の「トリガー」をクリックし、「All Pages」を選択してタグを保存します。

あとは管理画面の「カスタムコンバージョン」でコンバージョンを設定すれば完了です。

④LINE Ads Platform

まずはベースタグを設定します。

管理画面の「トラッキング(LINE Tag)」から「ベースコード」をコピーします。GTMで新しいタグを追加し、タグタイプの選択で「カスタムHTML」を選択し、先ほどのタグを貼り付けます。

下の「トリガー」をクリックし、「All Pages」を選択してタグを保存します。

次にイベントタグを設定します。

管理画面の同じページから今度は「コンバージョンコード」をコピーします。GTMで新しいタグを追加し、タグタイプの選択で「カスタムHTML」を選択し、先ほどのタグを貼り付けます。

次にタグの発動順を指定します。

「タグの順序付け」をクリックし、「(現在のタグ)が発効する前にタグを配信」にチェックを入れて、先ほど作成したベースタグを選択します。これで「イベントタグはベースタグよりも後に発動する」という設定になりました。

下の「トリガー」をクリックし、「サンクスページ」を選択してタグを保存します。

これでLINE Ads Platformは完了です。

5. タグを公開

すべてのタグの登録が完了したら、プレビューモードを使ってタグが正しく発動していることを確認し、公開作業を行います。これでコンバージョン計測タグの設定はすべて完了です。

一人前へのはじめの一歩

コンバージョン計測タグ設定の全体的な流れは掴めたでしょうか。

広告運用をするうえで、コンバージョンタグの設定は避けては通れない道ですので、早めに習得してしまいましょう。

タグの設定は複雑なうえに説明が難しい部分なので、ここを自分一人でマスターしておけば上司に喜ばれること間違いなしです。(実際、新卒1年目のメンバーがそんなことしてくれたら「こいつ…できる…!」と思ってしまいます)。

また、今後もITP対応などのためにタグの変更やアップデートが頻繁に起こることが予測されるので、情報のキャッチアップをしっかりとしていきましょう。

メールアドレスをご登録いただきますと、ブログの更新情報などをお届けいたします。

メールアドレスをご登録いただきますと、ブログの更新情報などをお届けいたします。
「わかりにくいこと」を「わかりやすく」をモットーに、すべての記事を実際に広告運用に関わるメンバー自身が執筆しています。ぜひ無料のメールマガジンに登録して更新情報を見逃さないようにしてください!

メールマガジンの登録はこちら

この記事を書いた人

S.N

S.N

広告運用 コンサルタント

こんな記事も読まれています

pagetop