キーワードマーケティング

お問い合わせ

>目次

メッセージ

代表メッセージ

代表取締役 滝井 秀典

株式会社キーワードマーケティング

2017年1月1日をもちまして、株式会社キーワードマーケティング研究所は、社名およびロゴを刷新いたしました。
新しい会社名は、「株式会社キーワードマーケティング」
「研究所」が取れたことになります。
検索キーワード広告をはじめとする運用型広告が高度複雑化し、広告代理(エージェント)事業が拡大する中、「研究所」という社名の殻を破る必要性からの社名変更です。

運用型広告を中心としたWEBマーケティングのインハウス(自社)マーケティング支援として、研究、情報発信、教育業務を、創業理念を受け継いだ伝統としてこれからも継続してまいります。

一方で社名変更は、近年需要が高まり続けている、運用型広告の代理事業を今後九州佐賀支社とともに徹底して拡大していくことに挑戦する決意の表れでもあります。
さらに、数年後を目処に既存の枠にとらわれない新規事業を開発していきます。

新しいロゴのカラーは、いままでの「紺(deep bule)」に加え、「赤(red purple)」を追加しました。
「知性」を表す濃紺に加え、新しい時代をつくるための「情熱」「明るさ」を表しています。


株式会社キーワードマーケティング

図形は、「K」と[M」を組み合わせているのと同時に、また、「言葉の最適化」の意味も兼ねています。運用型広告は、アカウントの構築と最適化で安定した土台をつくるのと同時に、時に奇想天外な思いきった手が必要になります。
図形の左側の台形は「知的な安定土台」であり、右側の三角形が「冒険的で尖った提案」を表しています。

運用型広告は、データフィード広告、ディスプレイ広告、ソーシャル広告などが伸張しており、私たちの最適化技術を活かしてクライアントの売上利益の最大化を図っています。

しかし、あくまでも検索キーワードは人の需要そのものであり、これからもWEBマーケティングの中心トリガーであります。
私たちの戦略の中心、哲学、社会への貢献として後世に紡いでいく所存です。

滝井秀典(たきい・ひでのり)

滝井秀典(たきい・ひでのり)
株式会社キーワードマーケティング
代表取締役

日本大学芸術学部卒業。
2003年のGoogleアドワーズ日本開始時期より、検索キーワード広告とランディングページの実践・研究一筋で携わる。
自身のビジネスを検索キーワード広告のみで事業化およびバイアウト。
その成功理論を書籍『1億稼ぐ検索キーワードの見つけ方(PHP)』で発表、5万部以上のベストセラーに。
キーワードマーケティング研究所(現キーワードマーケティング)を設立時から延べ千社以上のアカウントを診断およびコンサルティングしてきている。
ゼロから年商10億以上にしてきた中小企業や起業家を多数輩出。
現在は広告運用会社としての組織化とグローバルでのキーワードマーケティングの実践を開始している。

滝井秀典ブログ
Twitter @hidenoritakii

理念

キーワードマーケティングは何を成長させるのか

株式会社キーワードマーケティングは、検索エンジンマーケティングを実践し、研究し、 その成果で事業体への広告運用代行、ランディングページ制作、情報提供を行う機関です。
私たちの存在意義は、キーワードを検索する人と、それを解決する事業体を、正確に結びつけることにあります。
検索キーワード市場での最適な売上と利益の創出に寄与すること、つまり成果を出していただくことに価値があります。
私たちの事業で、広告主の売上・利益(または望むお客さん)が創出されなければ、私たちの存在意義はありません。
ゆえに私達が目指しているのは、 「価値の成長」 です。 クライアントに価値を提供するために、組織化やグループ会社化が必要であればしますし、研究開発のための投資は惜しみません。 私たちがクライアントからいただく報酬は、「価値」を成長させるための原資なのです。

ソーシャルメディア
キーワードマーケティング