ChatWork(株) 藤井孝之さま

ChatWork(株) 藤井孝之さま

ChatWork株式会社で、自社製品のPPC(リスティング広告)運用を担当されている、藤井孝之さまにお話を伺いました。

初めてのPPCに関わる業務で四苦八苦

ChatWork(株) 藤井孝之さま

-貴社の事業内容をおしえてください。

"ChatWork"というクラウド型ビジネスチャットツールの開発・提供をしており、中小企業をはじめ、大企業、教育機関、官公庁にも採用され、組織の生産性向上やコミュニケーション活性化に貢献しています。僕個人としては、主にPPC(キーワード広告)を担当しています。最近は、PPC(キーワード広告)の他に、プロモーション全般も担当するようになりました。

※PPC=キーワード広告=リスティング広告

-藤井さんは、もともと、キーワード広告に関する知識があったのでしょうか?

いいえ、全くありませんでした。僕が、PPC(キーワード広告)の担当になった当時、それまではリスティングに関わる業務経験がなく、当時の上司が構築したアカウントを引き継ぐという形で、PPC(キーワード広告)のアカウント管理を始めました。上司と二人三脚で、最初は小さなアカウントから作って、そのあとはメインのアカウントを改善していこうとしていたのですが、「これからどうやっていこうか・・・」という感じで、いろいろと難しいな、と感じることがありましたね。

代理店に頼らず、自社運用したい

-キーワードマーケティングのノウハウを試してみようと思ったきっかけは?

PPC(キーワード広告)の運用にあたって、キーワード自動入札ツールを使っていた時期もありました。入札ツールの運用代行を行う代理店が管理してくれていたので、非常に便利でしたが、代理店任せになってしまっていました。それだと、担当者も育たないし、お金もかかるということで、代理店に頼らず、自社でアカウントを運用するために、ちゃんとした知識を身に付けたいと思い、キーワードマーケティングのノウハウを実践することにしました。

具体的なコンサルティングで自分自身も成長した

-キーワードマーケティングのコンサルティングはいかがですか?

キーワードマーケティングのコンサルティングは、すごく具体的なんです。 「広告グループはこうやって分けたほうがいいですよ」とか、「広告文はこうした方がいいですよ」とか、非常に具体的に説明してくれますね。キーワードマーケティングのコンサルティングは、具体的でありながら、汎用的で、どのアカウントにも使えるようなことなので、アカウントも良くなりましたし、自分自身の知識も深まったと思います。今は、あまり相談しなくても、新しいアカウントであれば、いい成果をだせるようになりました。

コンサルティングの中で、今後やるべきアクションをおしえてくれるので、僕は、いつも、キーワードマーケティングのコンサルティングが終わったら、TO DOをまとめているんです。知識を教えてくれるだけではなくて、コーチング的な、ペースメーカー的な役割をしてくださっているところも、キーワードマーケティングのコンサルティングのすごくいいところだなと思います。

アカウントの安定運用とさらなるPRのためには

-藤井さんと同じような、社内での広告運用担当者さんへのアドバイスはありますか?

担当者・上司・コンサルタント、3者間のやりとりをできるだけ見える化することが大事だと思います。たとえば、電話コンサルではなくて、ChatWorkのグループチャットを利用したりするとか、コンサル後のTO DOを、上司にも共有するとか。自分自身もやる気になりますので、情報共有はぜひおすすめしますね。

-現状の課題と今後の目標は?

キーワードマーケティングやPPC広告って、人の手でコントロールできるところと、そうじゃないところもあると思うんですが、コントロールできない変動に対して、どう対応していくかっていうのが課題ですね。

今後は、メインのアカウントの安定運用と、新しい製品のさらなるPRですね。より広い意味での、全体最適を目指していきたいと思っています。